新しいものづくりがわかるメディア

RSS


京セラのSigfox開発ボード「Sigfox Shield for Arduino」、ソラコム、スイッチサイエンスで販売開始

京セラコミュニケーションシステムは、自社販売しているSigfox開発ボード「Sigfox Shield for Arduino」をソラコム、スイッチサイエンスからも発売した。

Sigfox Shield for Arduinoは、Sigfox通信モジュールと温度、湿度、気圧、加速度、ボタンの5機能を搭載したSigfox開発ボードだ。拡張コネクターも備えており、ArduinoシールドとしてSigfoxを利用したIoTアプリケーション開発に利用できる。

主要部品として、Sigfox通信モジュール「WISOL WSSFM10R」、加速度センサー「NXP MMA8451Q」、温度/湿度/気圧センサー「BOSCH BME280」を搭載する。

これまで自社販売してきたが、同社のSigfoxパートナーのソラコムスイッチサイエンスでも販売を開始した。

photo Access Station Mini

加えて、ユーザーが独自にSigfoxネットワークを構築できるSigfox基地局「Access Station Mini」レンタルサービスの開始も発表した。

同社では2017年2月から、東京23区、川崎市、横浜市、大阪市でのSigfoxネットワークサービスの提供を開始し順次提供エリアを拡大しているが、山間部や閉空間などのサービスエリア外での利用要望に応えるためのサービスという位置づけだ。

同サービスでは、Access Station Mini本体と、3Gドングルによる基地局からSigfoxクラウドまでのバックエンド回線、屋内アンテナを一組として提供する。基地局本体のサイズは200×150×70mm、重量2.5kg。AC100V電源で作動し、受信感度は-134dBmだ。

利用料金は、初期費用2万4800円/台、月額費用9800円/台(価格はいずれも税別)で、設置工事はユーザー側が行う必要がある。主に屋内利用を想定したタイプで、屋外で使用する場合は別途屋外用キャビネットが必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る