新しいものづくりがわかるメディア

RSS


武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売

3Dプリンター開発/製造/販売などの武藤工業は、FFF方式3Dプリンター用フィラメントを発売する。

今回発売するフィラメントには、ユニチカが開発した特殊ポリエステル樹脂製の感温型素材を使用。3Dプリンターで造形した後でも、体温やお風呂のお湯程度の安全な温度で柔らかくなり、形状を変化させることができる。70℃程度の高温にすると硬化するため、それ以上の変形を止めることもできるという。

photo

加えてファイブヘルツの防菌/抗菌材料を1000ppm程度添加し、造形物表面の抗菌だけではなく、造形物を設置した空間の除菌や防臭効果が期待できるという。

同社では、病院/介護現場で使用される器材などの患者に合わせたカスタマイズや、スポーツ選手向けカスタム品の自助器具や補助器具の製作、工芸品などのデザイン用途、冶工具の製作などへの応用を想定する。

武藤工業の3Dプリンター用抗菌フィラメントは、1.75mm径、1kgで予定価格は1万4800円(税別)、発売予定日は12月1日だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  3. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  4. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  5. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  8. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  9. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  10. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る