新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホでレーザー測距できる——スマートメジャー「3Dazer」

レーザーを照射して距離を測定できるスマートメジャー「3Dazer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

3Dazerは、iPhoneアプリから測定モードを変えたり距離データを記録したりできるポータブルレーザー測距デバイスだ。iOS専用モバイルアプリから、「ダイレクト」、「インダイレクト」、「リモート」の3つのタイプの測定モードを選択できる。

photo

ダイレクト測定では、iPhoneにケースを装着し、ケースのマグネット部に3Dazerを取り付け、アプリの測定ボタンを押すと、対象物までの距離を測定する。

photo
photo

インダイレクト測定では、iPhoneに3Dazerを取り付けた状態で、測定したい2点をそれぞれレーザーでポインティングすることで、距離を割り出せる。

photo
photo

リモート測定では、iPhoneからデバイスを取り外した状態で測定する。例えば、床に置いて天井に向けてレーザー照射することで、天井までの距離を測定できる。

photo

アプリでは測定した場所の写真撮影ができ、写真の測定箇所にラインやタグ付けをして、タグにはノートやボイスメモを残せる。ラインやタグの色を、カスタムカラーに変える機能も備える。

photo

iPhoneとはBluetoothで通信し、アプリからは3Dazerのバッテリーインジケーターを確認できる。内蔵バッテリーへの充電は、MicroUSBポートから約3時間で完了し、約800回の測定ができる。付属のiPhoneケースは、iPhone 6/6 Plus/6S/6S Plus/7/7 Plusに対応し、色はクリアとゴールドを用意する。測定距離は0.05~50mで、測定精度は±2mm+距離×0.0005だ。

3Dazer「Home Kit」の予定小売価格は149ドル(約1万7000円)で、今なら数量限定の早割適用価格89ドル(約1万円)で入手できる。本体の他、iPhoneケース、電源ケーブル、ポーチが付属する。出荷は12月の予定で、日本への送料は15ドル(約1680円)だ。

3DazerはKickstarterで、3万ドル(約336万円)を目標に11月15日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る