新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームや映画の“空気感”を肌で感じられる4D環境シミュレーター「Vortx」

ゲームや映画の映像を自動解析し、気流や温度といった“空気感”を再現する4D環境シミュレーター「Vortx」がKickstarterに登場した。

photo

これまでゲームや動画、VRは視覚や聴覚で楽しむものだった。Vortxは、画面上に流れる映像をリアルタイムで解析し、気流や温度を操作することで映像に対応した環境を再現する。利用者は従来よりも臨場感あふれる体験ができるようになる。

photo

Vortx本体には3つの機能がある。空気の方向を調整するエアデフレクター、空気を拡散させる調節ノズル、そして風量や温度を調整するダイアルだ。この3つの機能によって、画面の前にいる利用者により臨場感ある体験を提供できる。利用者のキーボードやマウスに合わせてLEDの発光を制御することも可能だ。

photo

追加のプログラム開発などは不要で、Vortxをパソコンに接続するだけで、すぐに利用できる。さらに、ゲームや映画の情報を入力する作業なども不要。Vortxはリアルタイムに画面に映し出される情報を処理するので、YouTube、Netflix、Huluなど、どんなプラットフォームにも対応するという。

Vortxは119ドル(約1万3300円)で販売予定。Kickstarter上では早期割引価格として99ドル(約1万1100円)で提供されている。出荷は2018年2月から。出荷先として日本は含まれていない。

VortxはKickstarterで、11月30日までクラウドファンディングを実施中。10月17日時点で、目標額6万ドル(約673万円)に対して約1万6500ドル(約185万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  5. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  10. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る