新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームや映画の“空気感”を肌で感じられる4D環境シミュレーター「Vortx」

ゲームや映画の映像を自動解析し、気流や温度といった“空気感”を再現する4D環境シミュレーター「Vortx」がKickstarterに登場した。

photo

これまでゲームや動画、VRは視覚や聴覚で楽しむものだった。Vortxは、画面上に流れる映像をリアルタイムで解析し、気流や温度を操作することで映像に対応した環境を再現する。利用者は従来よりも臨場感あふれる体験ができるようになる。

photo

Vortx本体には3つの機能がある。空気の方向を調整するエアデフレクター、空気を拡散させる調節ノズル、そして風量や温度を調整するダイアルだ。この3つの機能によって、画面の前にいる利用者により臨場感ある体験を提供できる。利用者のキーボードやマウスに合わせてLEDの発光を制御することも可能だ。

photo

追加のプログラム開発などは不要で、Vortxをパソコンに接続するだけで、すぐに利用できる。さらに、ゲームや映画の情報を入力する作業なども不要。Vortxはリアルタイムに画面に映し出される情報を処理するので、YouTube、Netflix、Huluなど、どんなプラットフォームにも対応するという。

Vortxは119ドル(約1万3300円)で販売予定。Kickstarter上では早期割引価格として99ドル(約1万1100円)で提供されている。出荷は2018年2月から。出荷先として日本は含まれていない。

VortxはKickstarterで、11月30日までクラウドファンディングを実施中。10月17日時点で、目標額6万ドル(約673万円)に対して約1万6500ドル(約185万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る