新しいものづくりがわかるメディア

RSS


高精度2色プリントも可能——密閉式デスクトップ3Dプリンター「Inception X1」

堅牢なスチール製筐体の密閉式デスクトップ3Dプリンター「Inception X1」がKickstarterに登場した。

Inception X1

Inception X1は、Autodeskの「Fusion 360」でデザインされたオープンソースのFFF方式3Dプリンター。エクストルーダ—1個搭載のシングルモデルとエクストルーダ—2個搭載のデュアルモデルがある。

Inception X1

Inception X1は、精密CNC旋盤を使って高精度加工されたアルミシャーシと産業グレードの部品で組み立てられ、高速かつ高品質で安定した3Dプリンティングを可能にしている。

デュアルモデルは独自の傾斜ヘッド方式を採用しており、素材が混ざるのを防ぎ正確で切れの良い2色プリントを可能にしている。

Inception X1

Inception X1の本体サイズは560×500×560mm。造形サイズは340×340×340mm(単色造形時)または320×340×340mm(2色造形時)で、積層ピッチは20~500μmだ。ヘッドの最大移動速度は400mm/秒。フィラメントは1.75mm径PLA/ABS/PETG/PC/ナイロンなどに対応する。

Inception X1
Inception X1

Inception X1は、USB、イーサネット、SDカード経由での接続が可能。スライサーはCura/Simplify 3D/Slic3rに対応し、ファイル形式はstl/obj/3mfをサポートする。

Inception X1

Inception X1の早期割引価格は、シングルモデルが1595ポンド(約24万円)、デュアルモデルが1795ポンド(約27万円)。出荷は2018年5月の予定だが、記事執筆時点で出荷先はヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリアのみとなっている。

Inception X1は3万5000ポンド(約530万円)を目標に、2017年11月24日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る