新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DCモーターの最適制御を決められる——モーター制御クラウドサービス「ReLiMo」

トリプルアイズは、双方向通信技術を用いてモーターの最適な制御や状況監視を行うクラウドサービス「ReLiMo」を開始した。

ReLiMoでは、Webサイト「ReLiMo Web(仮称)」を通じてクラウドサービスReLiMoとモーターを接続する。モーター制御プログラムの専門知識を持っていなくても、短時間でモーターの最適な制御方法を生成し提示することができるとしている。

また双方向通信により、モーターの制御状態監視や故障、回転異常を検知することも可能だ。サービス対象となる制御可能なモーターはDCブラシレスモーター(メーカーは不問)とのこと。技術的仕様は不明だが、モーターを制御する専用インバーター基板を経由してクラウドに接続し、遠隔監視するソリューションだと思われる。

同社では、同サービスを中心に、AIおよびディープラーニング技術やIoT技術を駆使したモーター関連サービスを開発し、2018年度に2億円の受注を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る