新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DCモーターの最適制御を決められる——モーター制御クラウドサービス「ReLiMo」

トリプルアイズは、双方向通信技術を用いてモーターの最適な制御や状況監視を行うクラウドサービス「ReLiMo」を開始した。

ReLiMoでは、Webサイト「ReLiMo Web(仮称)」を通じてクラウドサービスReLiMoとモーターを接続する。モーター制御プログラムの専門知識を持っていなくても、短時間でモーターの最適な制御方法を生成し提示することができるとしている。

また双方向通信により、モーターの制御状態監視や故障、回転異常を検知することも可能だ。サービス対象となる制御可能なモーターはDCブラシレスモーター(メーカーは不問)とのこと。技術的仕様は不明だが、モーターを制御する専用インバーター基板を経由してクラウドに接続し、遠隔監視するソリューションだと思われる。

同社では、同サービスを中心に、AIおよびディープラーニング技術やIoT技術を駆使したモーター関連サービスを開発し、2018年度に2億円の受注を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  5. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  10. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る