新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DCモーターの最適制御を決められる——モーター制御クラウドサービス「ReLiMo」

トリプルアイズは、双方向通信技術を用いてモーターの最適な制御や状況監視を行うクラウドサービス「ReLiMo」を開始した。

ReLiMoでは、Webサイト「ReLiMo Web(仮称)」を通じてクラウドサービスReLiMoとモーターを接続する。モーター制御プログラムの専門知識を持っていなくても、短時間でモーターの最適な制御方法を生成し提示することができるとしている。

また双方向通信により、モーターの制御状態監視や故障、回転異常を検知することも可能だ。サービス対象となる制御可能なモーターはDCブラシレスモーター(メーカーは不問)とのこと。技術的仕様は不明だが、モーターを制御する専用インバーター基板を経由してクラウドに接続し、遠隔監視するソリューションだと思われる。

同社では、同サービスを中心に、AIおよびディープラーニング技術やIoT技術を駆使したモーター関連サービスを開発し、2018年度に2億円の受注を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る