新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リックテレコム、「みんなのRaspberry Pi入門 第4版」発刊——Python 3に対応

リックテレコムは、Raspberry Piの入門書「みんなのRaspberry Pi入門 第4版」を11月中旬に発刊する。

みんなのRaspberry Pi入門は、初心者にもわかりやすいよう写真と図を使用して本当に必要な事項やメンテナンス方法などを中心に丁寧に解説しているのが特徴だ。プログラミング言語としてはRaspberry Piの公式言語Pythonをメインに、プログラミング未経験者でも取り組めるように、Pythonに限定しない一般的なプログラミングの基礎内容についても多くの紙面を割いて解説している。第4版では、Python 3に対応した。

第1章はRaspberry PiとPython、そして電子工作の基本的な概念や知識、第2章はRaspbian OSのインストール方法と使い方などを解説。後半の第3章では、Pythonおよびプログラミングの基礎、最終章の第4章では電子工作にトライする。

石井モルナ氏と江崎徳秀氏の共著で、B5変型判350ページ。定価は2700円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る