新しいものづくりがわかるメディア

RSS


挟むだけでヘッダーピンが立てられる——40ピンGPIO簡易ヘッダー「PCB quick connect clip」

ヘッダーピンの無いスルーホール基板向けの40ピン簡易ヘッダー「PCB quick connect clip」がKickstarterに登場した。

photo Raspberry Pi Zeroに適したサイズ

PCB quick connect clipは、クリップの挟む部分に40本のピンがスルーホールに接触するように並んでいる。ヘッダーピンの立てられていないプリント基板を挟むことでピンを接触/固定し、ピンの上部にジャンパーケーブルやリボンケーブルを接続して、簡単に信号を引き出すことができる。

photo

ピンはスタッカブルなデザインなので、そのまま別の基板を載せることも可能だ。スプリングピン(ポゴピン)を使用しているので他と干渉しなければ40ピン以外のスルーホール基板にも利用できる。Raspberry Pi Zeroなどでも半田付け不要で簡単にピンが立てられるので、試作回路の確認するときなどに便利だろう。

photo

企画するFlatmax Studiosは、これまでにも Audio Injector Piサウンドカードなどのプロジェクトを成功させており、工場生産ラインも確保しているという。利用者とのディスカッションサイトも設置している。

photo 端子の先端にはスプリングピンをつかっている

PCB quick connect clipは、29オーストラリアドル(約2520円)での提供を予定している。出荷は2018年1月からで、日本への送料は7オーストラリアドル(約610円)だ。

PCB quick connect clipはKickstarterで、12月16日までクラウドファンディングを実施中。11月8日時点で、目標額7100オーストラリアドル(約61万8000円)に対して約1600オーストラリアドル(約13万9000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る