新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売

サンワサプライは直販サイト「サンワダイレクト」において、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット(型番:80-RPSET3)」を発売した。

同センサーキットはGrove Pi+(拡張ボード)、各センサーモジュールと接続用ケーブルからなる。通常、Raspberry Piへのセンサー取り付けにははんだ付けが必要だが、同センサーキットに同梱されたセンサーはあらかじめモジュール化されているため、コネクター接続だけでRaspberry Piに装着できる。

Raspberry Piには、さまざまなOSが存在するが、同センサーキットはWindows 10 IoT Coreに特化している。

セット内容は、 Grove Pi+ボード×1、5インチ液晶ディスプレイ×1、リレーモジュール×1、温度/湿度センサーモジュール×1、超音波測距モジュール×1、バー型LEDアレイモジュール×1、ロータリーアングルセンサーモジュール(回転角センサー)×1、ブザーモジュール×1、マイクロホンモジュール(音センサー)×1、光センサーモジュール×1、押しボタンスイッチモジュール×1、液晶表示器モジュール(RGBバックライト)×1、HDMIケーブル×1、MicroUSBケーブル×1、Groveケーブル(26AWG)×10で構成される。

なお、Raspberry Pi本体はセットに付属しない。価格は2万9800円(税込)。送料は無料(サンワダイレクトが負担)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る