新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DICと神奈川工科大、3Dプリンタ造形物に近赤外蛍光色素による情報を埋め込む新技術を開発

DICと神奈川工科大学は2017年11月10日、3Dプリンタ造形物に近赤外蛍光色素を利用した情報を埋め込む新技術を開発したと発表した。

3Dプリンタは、企業ばかりでなく一般家庭でも導入が進み、その造形物に情報を埋め込むことによるIoTとの連動も広く模索されている。現状、ICチップなどを造形物に埋め込むことが検討されているが、工程数やコストが増加するため、より簡便な情報埋め込み技術の開発が求められていた。

今回の技術では、造形物の製造時に近赤外蛍光色素を用いた樹脂で情報パターンを形成。造形物用と情報パターン用の2ヘッドの3Dプリンタが必要になるが、ICチップなどの部品を必要としないため、外部意匠に影響を与えることなく、効率的に情報パターンを造形することができる。埋め込まれた情報は、近赤外光を照射し、近赤外線カメラで観察して読み出すことが可能だ。

この技術により、3Dプリンタ造形物は、IoT技術におけるモノ(Things)として認識できるようになり、その価値が飛躍的に向上するとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る