新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

表示部にニキシー管を使った腕時計「Moonracer」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Moonracerは、旧ソ連時代にウクライナで製造されたデッドストックのニキシー管を使ったファッション腕時計。ケースはアルマイト処理したアルミニウム製だ。

photo

ニキシー菅は、ガラス管内に低圧のネオンガスやアルゴンガスを封入し、数字の形をした陰極ワイヤーとメッシュ状の陽極で構成されている。陰極と陽極の間に電子回路で昇圧した100Vを超える直流電圧を印加すると電子放射によるグロー放電が起こり、陰極の数字がオレンジ色で発光するという仕組みだ。

photo

ニキシー管の点灯中はバッテリーを急激に消費するため、側面のボタンを押したときだけ時間を表示する仕組みだ。表示部は2桁で、ボタンを押すと時/分を順にオレンジ色で発光表示する。表示時間は0~15秒で設定でき、24/12時間制フォーマットも切り替えできる。

photo

「Key2」を2回押せばパラメーターの設定待機状態になり、「Key1」でパラメーターの値を変え、「Key2」をもう一度押すと、セーブして次のパラメーターに移る。充電式バッテリーを内蔵しており、Micro USBから充電し、1回の充電で約10日間持続する。「Key1」ボタンを2回押せば、バッテリーの残量レベルを50段階で表示でき、10以下になったら充電が必要だ。

photo

MoonracerはKickstarterにおいて、送料込み価格2439ノルウェークローネ(約3万3900円)で提供する。本体の他、時計用のサファイアガラス、木製ギフトボックス、USBケーブル、ユーザーガイドが付属する。12月の出荷を予定しており、日本への出荷にも対応する。なお、保証期間は1年間、ニキシー管は2カ月とのことだ。

Moonracerは、12月11日までクラウドファンディングを実施中。11月14日時点で、4万ノルウェークローネ(約55万6000円)に対して2万1000ノルウェークローネ(約29万2000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る