新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ランニング中に走り方を音声でアドバイス——ランニングシューズ「Runtopia Reach」

ランニング中に音声で走り方をリアルタイムにアドバイスするランニングシューズ「Runtopia Reach」がIndiegogoに登場し、人気を博している。

Runtopia Reachは、ランニングシューズ1足とボタンサイズのスマートチップ1個のセット。ミッドソールに仕込んだスマートチップでケイデンス(1分間の総ステップ数)、着地ゾーン、インパクトレートなどランニングに重要なデータをランニング中に収集しリアルタイムで解析して、スマートフォン経由でランナーに音声でアドバイスする。自分の走り方の癖をチェックできるゲイト分析も可能で、オーバープロネーションやアンダープロネーションについてのアドバイスもしてくれる。

Runtopia Reach

スマートチップには100時間分のメモリーが搭載されており、ランニング時にスマートフォンを携帯しなくても、後で走り方の分析やカロリー消費量のチェックなどをすることもできる。

Runtopia Reach

Runtopia Reachのサイズは、ヨーロッパ表記で男性用が38~46、女性用が36~43。日本のサイズに換算すると、男性用は24.5~29.5cm、女性用は23.0~27.5cmに相当すると思われるが確認が必要だ。注文後、購入者にサイズを確認してから出荷する。色はアッシュブラックとブレイズレッドの2色、重さは300gだ。

Runtopia Reach

スマートチップの電池寿命は6~8カ月。一般的なコイン電池を使用しているので電池交換ができる。スマートフォンとはBluetoothで接続するが、日本国内で無線電波を発射するには技適(技術基準適合証明・認定)を受け、技適マークが付されていなければならないので注意が必要だ。

Runtopia Reach

Runtopia Reachの早期割引価格は、69ドル(約7800円)。出荷は2018年1月の予定で、日本への送料は20ドル(約2300円)だ。

Runtopia Reachは2017年12月15日までクラウドファンディングを実施する。11月17日時点で目標額3万ドル(約340万円)を既に達成し、約3万2000ドル(約360万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る