新しいものづくりがわかるメディア

RSS


直感的にロボットを作れる——モーターモジュール「Keigan Motor」の一般販売を開始

Keiganは、モーターモジュール「Keigan Motor」の一般販売を、11月14日に同社Webサイトにて開始した。

同製品は、ラピッドプロトタイピング(迅速な試作品製作)への使用を目的としたモーターモジュールだ。超低速から動作可能で、最大3kg・cm以上を出力できるブラシレスサーボモーターと、その動作のための電子部品/モータードライバーに加え、無線機能/各種センサーを搭載している。

USBモバイルバッテリーからの給電に対応し、持ち運びにも適している。無線(Bluetooth Low Energy)で通信するため、スマートフォンなどから動きをコントロールでき、モーター間の配線は不要だ。

製品単体で動作の記憶と再生が可能で、従来のモーターと異なり、手で動かしたときの角度や速度だけでなく、トルクを利用した入力機器や、ハプティック(触覚伝達)デバイスとしても使用できる。

専用アプリ「KeiganCore」を使用すると、直感的な操作により、複数のKeigan Motorにロボットの機能を割り当ててリアルタイムに制御できる。なお、KeiganCoreのiOS版は既に公開済みで、Android版は年内公開を予定している。

ロボットだけに留まらず、あらゆる研究開発の現場で、発明/デザイン/アイデア実現の強力なツールになるという。販売価格は1台3万4800円(税抜)。同社WebサイトではKeigan Motorおよび、オプションであるロボットスターターキットやカメラアダプタなどをセットで販売中だ。

カメラアダプタ(カメラは付属しない)

Keigan Motorは2017年3~5月にかけて、KickstarterやKibidangoなど国内外でクラウドファンディングを実施し、合計550万円以上の資金調達に成功している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiにKeiganMotorの開発環境をインストール——Keigan、「KeiganPi」の発売を開始
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  5. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  8. 日本人医師が開発した3Dプリントできる簡易人工呼吸器、新型コロナウイルス対策で実用化に向け寄付と協力を募集
  9. 曲がりにくく硬い頑丈なパーツの3Dプリントを可能に——Formlabs、新レジン「Tough 2000 Resin」を発表
  10. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る