新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コンパクトながら十分な造形サイズ——ダヴィンチnano、予約販売を開始

XYZプリンティングは、FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「ダヴィンチnano」の予約販売を同社Webサイトにて開始した。

ダヴィンチnanoは机の上にも配置できるコンパクトなサイズの3Dプリンターだ。本体寸法はダヴィンチminiのおよそ60%にあたる378×280×355mmで、製品重量は4.5kg。最大造形サイズは120×120×120mmだ。

3色LEDライトにより、現在のプリントステータスを表示できる。スタンバイ状態ならグリーン、ストップ中はレッド、プリント中はオレンジに点灯する。

ワンボタン型インターフェースを採用しており、シンプルな操作で3Dプリントが可能だ。また、最新のXYZmaker Mobileアプリに対応しており、3Dモデリングデータ作成やダウンロードの他、直接ダヴィンチnanoへのデータインポート/出力もできる。STLファイルに加え、XYZ形式(.3w/.nkg)、および.3mf形式に対応する。

最小積層ピッチは100μm、分解能はXY平面で12.5μm、Z軸で10μmとなる。ビルド速度は170mm/秒、ヘッドの最高速度は70mm/秒だ。

ノズル直径は0.3mmで、1.75mm径のPLA/PETG/Tough PLA樹脂フィラメントが利用できる。対応OSはWindows 7/MacOS X10.10以上だ。

価格は1万9800円(税抜)。予約販売は12月24日までで、12月25日より順次出荷予定としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  5. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  6. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  7. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  8. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る