新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piと組み合わせて自分好みのSIMフリーフォンに——3G通信ボード「PiTalk」

Raspberry PiをSIMフリーフォンにする3G通信ボード「PiTalk」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

PiTalk

PiTalkは、Raspberry PiにセットしてSIMカードを挿入すると、Raspberry Piで音声通話とショートメッセージサービス(SMS)が使えるようになる通信ボード。Raspberry Pi A+/2/3/Zero/Zero Wに対応する。SMSを利用してPiTalkに接続した家電の電源をリモートで操作することも可能だ。

PiTalk

PiTalkのハードウェアおよびソフトウェア「PiTalk Software」は、共にオープンソース。GUIベースのPiTalk SoftwareはPythonで開発されており、いわゆる「脱獄」やルート化する必要もなく自由にカスタマイズできる。Pythonで開発した自作アプリを追加することも可能で、自分好みのカメラやスピーカーに接続して使うこともできる。

PiTalk
PiTalk

PiTalkの通信モジュールには、Quectel Wireless Solutions製の「UC15」を採用。UC15はいわゆる3.5G(HSDPA/カテゴリー6)対応の通信モジュールだが、技術基準適合認定(技適)を取得していないので、残念ながら日本国内では電波を出すことはできない。なお、Quectel Wireless Solutionsは技適を取得した通信モジュール「UC20-G」も販売しているが、混同しないよう留意されたい。

PiTalkの価格は、付属する液晶ディスプレイ(LCD)のサイズによって異なり、3.2インチ版が65ポンド(約9700円)、4インチ版が70ポンド(約1万円)、5インチ版が80ポンド(約1万2000円)だ。いずれもPiTalk Softwareインストール済みのSDカード(16GB)が付属する。

PiTalk

出荷は2018年3月の予定で、日本への送料は10ポンド(約1500円)だ。ただし、前述のとおりPiTalkに使われている通信モジュールは技適を取得していないため、日本ではそのままでは使用できない。

PiTalkは2018年1月7日までクラウドファンディングを実施。11月27日時点で目標額1万3340ポンド(約150万円)に対して、約1700ポンド(約25万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る