新しいものづくりがわかるメディア

RSS


明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発

明治大学は、熱溶解積層(FFF)方式3Dプリンターを用いた極細かつ高密度な「毛」のような構造を作り出す造形手法を開発した。

photo

当研究は、科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業「センター・オブ・イノベーションプログラム」の支援を受け、エポック社、ミツイワと共同で進めたもの。エポック社では同社の商品「シルバニアファミリー」の開発に3Dプリンターを導入して、試作段階でのデザイン検証に活用しているが、動物の尻尾や芝生などの出力が高精度の3Dプリンターを使っても困難であった。そのような課題を解決し、3Dプリンターによる先進的な表現を実現するために当研究が始められた。

photo

今回開発した造形方法は、熱で溶解したプラスチック樹脂を3Dプリンターのノズルで引き伸ばすことで細い毛のような構造を作り出し、この構造を橋渡しするように固定。造形後に切り離すことでフサフサとした毛のような構造を得るというものだ。

今回3Dプリンターを制御するパラメーターの調整を重ね、1本の直径を0.08~1.5mmと人間の髪の毛に匹敵する細さまで極細化し、全体の高密度化を実現した。また、造形が安定しているため、長毛や円状にも造形できるという。

当研究の企画を行ったミツイワでは、当研究の成果を踏まえて、玩具だけではなくインテリアや装飾業界への展開を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ワンボードマイコンでPCを自作——ポータブルコンピューターベアボーンキット「READY! MODEL100」
  2. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  3. 「Interface 2021年 4月号」がマイコン向けリアルタイムOS「FreeRTOS」を特集
  4. 持続的な長距離量子テレポーテーションに成功——90%超の高忠実度を実現、量子インターネット実現に向けた大きな一歩
  5. 「はんだ付けで目入れするダルマ」をプリント基板で作っちゃう 〜デザイン基板の作り方〜
  6. Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表
  7. 磁力を使って5分で接着——磁性硬化型接着剤を開発
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  10. エアでの打感を再現——機材なしで練習できる最新ドラム演奏デバイス「Freedrum 2」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る