新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」

ロボットDIYキット「Qoopers」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

Qoopersは、メインコントローラーに「Arduino Mega 2560」を使い、アルミニウム製ボディにホイール、LEDディスプレイ、超音波センサー、バッテリーなどを搭載するロボットキット。6種類の異なる形態のロボットに組み立てられる。それぞれの組み立てインストラクションを用意しており、1時間以内で完成できるとしている。

photo

iOS/Android対応アプリでは、Scratch 3.0ベースのビジュアルプログラミングインターフェースを利用でき、コーディングブロックをドラッグアンドドロップするだけで、搭載するセンサーやモーターの制御が記述できる。さらに、より複雑なコーディングが可能なC++/JavaScriptのプログラム言語にも対応する。

photo

Bluetooth通信に対応し、モバイルデバイスをリモコンにして動かしたり、LEDディスプレイにさまざまな顔の表情を表示したりできる。また超音波センサーを使って障害物を避けるようなプログラミングができる。

photo

ボディ各部の表面にはレゴ互換の凹凸があり、ボディカラーはグリーン/グレーの2色を用意する。電源には、単三電池×6が必要。最大本体サイズは214×248×166mmで、重さは1800gだ。

photo

Qoopersの予定小売価格は169ドル(約1万9000円)だが、今ならIndiegogo特別価格149ドル(約1万6800円)で入手できる。出荷は2018年1月を予定しており、日本への送料は30ドル(約3380円)だ。

Qoopersは、Indiegogoで2018年1月上旬までクラウドファンディングを実施中。12月7日時点で、1万5000ドル(約169万円)の目標額に対して約3400ドル(約38万3000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る