新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売

コーレルは、汎用CADソフトウェア「CorelCAD」の最新版「CorelCAD 2018」を発売した。

photo

CorelCAD 2018の特徴のひとつは、Autodesk AutoCAD のDWGファイルをネイティブサポートしたことだ。プロジェクトを共有し、直接更新、保存ができるため、社内外のAutoCADユーザーとの共同作業がスムーズに行える。

またメニュー構成は主要なCADプログラムと互換性があるもので、経験豊富なユーザーであればコマンドバーやコマンドエイリアス、メニュー、ツールバーなどを新たに覚える必要がなく使用できるという。高速なオンスクリーン編集機能と、3D編集可能なエンティティグリップとプロパティパレットの機能強化により、直感的に3Dを操作できるようになった。

photo

今回、新たに2Dの渦巻きや3Dのらせんを作成できるらせんツールを搭載し、円筒形の1つの画層にばねやらせん階段などの3D形状オブジェクトを作成できるようになった。

photo

その他にも、マルチリーダーや寸法線ツールの機能が強化されたり、エンティティを段階的に移動できる新たな機能を搭載するなどの強化が図られている。

Windows(Windows 7/8/10、32/64ビット版)およびmacOS(OS X v10.10以降)に対応しており、ダウンロード版の価格は通常版が6万9000円、アップグレード版が3万4000円、アカデミック版が6900円(いずれも税別)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  7. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  8. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  9. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る