新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Seeedが英ArmとArm Mbedに関するパートナーシップ契約を締結

Seeedは英Armと、IoTデバイスやアプリケーション開発のためのプラットフォームであるArm Mbedに関するパートナーシップ契約を締結したと発表した。エンジニアやmakerによるIoTデバイスの開発を促進する。

Mbedは、ARMが推進するIoT向け開発プラットフォーム。100種類を超える開発ボードや400種を超えるコンポーネント、IDE、コンパイラー、テストアプリケーション、サーバーとクライアント側の通信ツールなどが提供されており、プロトタイプから開発、量産までの全てのプロセスで使用できる。そのコミュニティには世界中から多くのユーザーが参加している。

今回の提携によりSeeedでは、エンジニアやmakerが、スケール可能なIoTデバイスを容易に開発できるよう、Mbed対応ボードの開発、製造および販売を通じてMbedコミュニティに貢献していく。日本のユーザー向けには、工事設計認証済みのWi-Fiモジュールを搭載したMbed対応ボードの開発を進めているという。

同ボードは、12月8日に東京コンファレンスセンター・品川で開催される「Arm Mbed Connect 2017 Japan」に参考出品される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  2. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  3. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  4. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  7. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  8. OKIマイクロ技研、従来の約2倍の高トルク小型モーター「Thumbelina」を開発
  9. 金属加工が可能なレーザーマーカー「LM110C」に100Wモデルが登場
  10. 最大1200×1200mmの大型加工も可能——ポータブルCNCロボット「Cubiio X」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る