新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ZWEISPACE JAPAN とイーランサー、共同でAI・ロボット・IoT関連技術者のクラウドソーシング事業を開始

不動産関連アプリなどを手がけるZWEISPACE JAPANは、クラウドソーシング事業を展開するイーランサーと共同で、AI・ロボット・IoT関連のクラウドソーシング事業を開始する。

イーランサーは1999年に創業され、米国やアジアでクラウドソーシング事業を展開している。日本法人イーランサー・ジャパンの設立には、ZWEISPACE JAPANが協力したという。

ZWEISPACE JAPANによると、韓国は、オンラインゲームやスマートフォンアプリなどで世界をリードしてきたが、多国籍企業の大手への集約によって、エンジニアの需給バランスが供給過多となっているという。現状イーランサーに登録されている約35万人の技術者には、韓国の家電大手、携帯端末技術者、韓国のオンライン企業出身者、国際的に展開しているアプリの経験者など、多数の先端技術者達が含まれているという。

ZWEISPACE JAPANでは、今後IoT技術やAI技術に明るいエンジニアへの需要が見込まれる中、日本企業にとって即戦力となる外部の先端技術者や専門家に、即座にアクセスできることが重要だとする。韓国などの先端技術者の技術を、日本企業にコンサルティングなどの付加サービスも提供しながら、クラウドソーシングで案内したいとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  3. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  4. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  6. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  7. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  8. コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」
  9. アクセサリーやフィギュアの補強や修理に——4秒で硬化する紫外線硬化プラスチック「UV Bondy」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る