新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「Phrozen Make」が日本上陸へ——CAMPFIREにてプロジェクトを開始

Phrozenは、高精細光造形(SLA)方式3Dプリンター「Phrozen Make」のクラウドファンディングをCAMPFIREにて開始した。

Phrozen MakeはKickstarterにて、2017年4~5月にクラウドファンディングを実施。最終的に、369人の支援者から4300万円以上の資金を調達した。

2K HD解像度(2048×1080px)LCDと高出力バックライトを採用しているのが特徴で、一般的なSLAプリンターのLCDよりもコントラスト比で60%、透過率で10%高くできたという。 また、リニアレールはATAK製、リミットスイッチにオムロン製のパーツを使用し、高精度な3Dモデルの造形を実現している。

3Dプリンティング用ソフトウェア「NanoDLP」のサポートソフトウェアを統合したことで、直感的な操作が可能。3Dモデリングの知識がなくても、ファイルをアプリにインポートし、スマホで接続してワンタップするだけで造形が可能だ。

「Phrozen Make」と「Phrozen Make XL」の2モデルをラインアップ。最大造形サイズはMakeが121×68×140mm、Make XLが190×120×200mmとなる。

XY解像度はMakeが47μm、Make XLは75μm。Z軸の解像度は両モデルとも10μmだ。造形スピードは1時間あたり10~40mmとなる。

予定販売価格は12万円。CAMPFIREでは、17%オフとなる9万9500円(送料込み)で購入できるプランなどを用意している。追加器具として後処理用の超音波装置や、硬化用UVライトも用意している。

Phrozen Makeは、CAMPFIREにて1月24日までクラウドファンディング中だ。目標金額100万円に対し、12月25日時点で約330万円が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る