新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」

254語の英単語ライブラリーを搭載した小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Little Buddy Talkerは、5本のピンを接続するだけで、音声再生に対応したプロジェクトが開発できる音声モジュールだ。音声ライブラリーは、色やコマンド、月/日/時間、数字、方向、感覚、計測、セキュリティ、数学、一般などに関する英単語254ワードを女性の声で収録している。

photo

ボードのIOピンは差し込みタイプになっており、スルーホールの試作用基板へのはんだ付けや、ブレッドボードへの取りつけが簡単にできる。キャンペーンではArduino UNOを使ったデモを公開しているが、SPI通信を利用しているので汎用性は高い。

photo

本体のサイズは約43×21mmで、接続インターフェースは、5V/GD/DI/SC/CSの5本をつなぐだけでよい。音声はオーディオケーブルでスピーカーと接続する。キャンペーン終了後に、インストラクションビデオとArduino用サンプルコードを公開予定だとしている。

photo

Little Buddy TalkerはKickstarterにて、18カナダドル(約1600円)で提供する。5ピン接続ケーブルとオーディオケーブルが付属する。2018年2月の出荷を予定しており、日本への送料は7カナダドル(約620円)だ。

Little Buddy Talkerは、2018年2月9日までクラウドファンディングを実施中。1月11日時点で、既に800カナダドル(約7万円)の目標額を上回る約1700カナダドル(約15万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  8. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  9. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る