新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」

254語の英単語ライブラリーを搭載した小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Little Buddy Talkerは、5本のピンを接続するだけで、音声再生に対応したプロジェクトが開発できる音声モジュールだ。音声ライブラリーは、色やコマンド、月/日/時間、数字、方向、感覚、計測、セキュリティ、数学、一般などに関する英単語254ワードを女性の声で収録している。

photo

ボードのIOピンは差し込みタイプになっており、スルーホールの試作用基板へのはんだ付けや、ブレッドボードへの取りつけが簡単にできる。キャンペーンではArduino UNOを使ったデモを公開しているが、SPI通信を利用しているので汎用性は高い。

photo

本体のサイズは約43×21mmで、接続インターフェースは、5V/GD/DI/SC/CSの5本をつなぐだけでよい。音声はオーディオケーブルでスピーカーと接続する。キャンペーン終了後に、インストラクションビデオとArduino用サンプルコードを公開予定だとしている。

photo

Little Buddy TalkerはKickstarterにて、18カナダドル(約1600円)で提供する。5ピン接続ケーブルとオーディオケーブルが付属する。2018年2月の出荷を予定しており、日本への送料は7カナダドル(約620円)だ。

Little Buddy Talkerは、2018年2月9日までクラウドファンディングを実施中。1月11日時点で、既に800カナダドル(約7万円)の目標額を上回る約1700カナダドル(約15万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る