新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」

254語の英単語ライブラリーを搭載した小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Little Buddy Talkerは、5本のピンを接続するだけで、音声再生に対応したプロジェクトが開発できる音声モジュールだ。音声ライブラリーは、色やコマンド、月/日/時間、数字、方向、感覚、計測、セキュリティ、数学、一般などに関する英単語254ワードを女性の声で収録している。

photo

ボードのIOピンは差し込みタイプになっており、スルーホールの試作用基板へのはんだ付けや、ブレッドボードへの取りつけが簡単にできる。キャンペーンではArduino UNOを使ったデモを公開しているが、SPI通信を利用しているので汎用性は高い。

photo

本体のサイズは約43×21mmで、接続インターフェースは、5V/GD/DI/SC/CSの5本をつなぐだけでよい。音声はオーディオケーブルでスピーカーと接続する。キャンペーン終了後に、インストラクションビデオとArduino用サンプルコードを公開予定だとしている。

photo

Little Buddy TalkerはKickstarterにて、18カナダドル(約1600円)で提供する。5ピン接続ケーブルとオーディオケーブルが付属する。2018年2月の出荷を予定しており、日本への送料は7カナダドル(約620円)だ。

Little Buddy Talkerは、2018年2月9日までクラウドファンディングを実施中。1月11日時点で、既に800カナダドル(約7万円)の目標額を上回る約1700カナダドル(約15万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Nゲージで磁気浮上式走行を——「Nゲージリニア発進プロジェクト」
  2. 高速、静音のFFF方式デスクトップ3Dプリンター「A1」
  3. クオリティソフト、中高生向けプログラミング教材「ドローンプログラミング言語学習キット」発売
  4. スピニングホイールで回すスクリュードライバーセット「Spinner Drive」
  5. 3カ所結線するだけ——マイコン用音声出力ボード「TextToSpeech」
  6. Raspberry Pi用アプリケーション開発の実践的テクニックを解説——「.NET CoreによるRaspberry Piプログラミング」発刊
  7. オライリー・ジャパン、Pythonプログラミングの入門書「Head Firstはじめてのプログラミング」発刊
  8. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  9. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  10. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る