新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホで操作していつでもお好きな香りを——フレグランスディフューザー「Scentee Machina」

好きな時に好みの香りを楽しめるフレグランスディフューザー「Scentee Machina」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。開始後わずか1日足らずで目標額200万円を達成するほど人気を博している。

Scentee Machina Quattro Pack

Scentee Machinaは、スマートフォンで電源操作やフレグランスの選択などができるディフューザー。フレグランスボトルが1本セットできる「Uno Pack」と4本セットできる「Quattro Pack」の2つのモデルがある。Quattro Packを使えば、生活シーンに合わせて香りを変えて楽しむことも可能だ。

Scentee Machina Uno Pack

Scentee Machinaはインターネット接続できるので、外出先からスマートフォンのアプリ経由で電源を操作したりタイマー設定したりできる。また、搭載AI機能が使用履歴から学習し、ユーザーの好みに合わせてフレグランスを勧めることも可能になる。

Scentee Machina

フレグランスはChocolate/Cherry blossom/Vanilla/Sandalwoodなど全部で14種類。Uno PackはChocolate/Cherry blossom/Sapone/Grapefruit/Bedroomの中から1種類、Quattro Packは全14種類から4種類のフレグランスを選択する。

Scentee Machina

Scentee Machinaのクリエイターは、メッセージ着信を香りで知らせるスマートフォン/タブレット用デバイス「着パフ」を開発した東京のテクノロジーデザインラボScenteeだ。Scentee Machinaは、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催された「CES 2018」にも出展している。

Scentee Machinaの早期割引価格は、Uno Packが1万980円、Quattro Packが3万2800円。出荷は2018年6月の予定で、送料は4500円だ。

Scentee Machinaは2018年2月9日までクラウドファンディングを実施するが、2018年1月12日時点で目標額200万円を上回る約370万円を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る