新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホで操作していつでもお好きな香りを——フレグランスディフューザー「Scentee Machina」

好きな時に好みの香りを楽しめるフレグランスディフューザー「Scentee Machina」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。開始後わずか1日足らずで目標額200万円を達成するほど人気を博している。

Scentee Machina Quattro Pack

Scentee Machinaは、スマートフォンで電源操作やフレグランスの選択などができるディフューザー。フレグランスボトルが1本セットできる「Uno Pack」と4本セットできる「Quattro Pack」の2つのモデルがある。Quattro Packを使えば、生活シーンに合わせて香りを変えて楽しむことも可能だ。

Scentee Machina Uno Pack

Scentee Machinaはインターネット接続できるので、外出先からスマートフォンのアプリ経由で電源を操作したりタイマー設定したりできる。また、搭載AI機能が使用履歴から学習し、ユーザーの好みに合わせてフレグランスを勧めることも可能になる。

Scentee Machina

フレグランスはChocolate/Cherry blossom/Vanilla/Sandalwoodなど全部で14種類。Uno PackはChocolate/Cherry blossom/Sapone/Grapefruit/Bedroomの中から1種類、Quattro Packは全14種類から4種類のフレグランスを選択する。

Scentee Machina

Scentee Machinaのクリエイターは、メッセージ着信を香りで知らせるスマートフォン/タブレット用デバイス「着パフ」を開発した東京のテクノロジーデザインラボScenteeだ。Scentee Machinaは、2018年1月9日~12日に米ラスベガスで開催された「CES 2018」にも出展している。

Scentee Machinaの早期割引価格は、Uno Packが1万980円、Quattro Packが3万2800円。出荷は2018年6月の予定で、送料は4500円だ。

Scentee Machinaは2018年2月9日までクラウドファンディングを実施するが、2018年1月12日時点で目標額200万円を上回る約370万円を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 東大など、3次元空中ディスプレイに応用可能な空中浮遊/移動するLED光源を開発
  2. 卓上でフルカラー3Dプリントができる!! 「ダヴィンチColor」実機レビュー
  3. 月面探査に挑む「HAKUTO」、ロケット打ち上げ困難を受け、引き続きの挑戦を表明
  4. ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表
  5. Arduinoを喋らせよう——小型音声再生モジュール「Little Buddy Talker」
  6. 最大400×400×140mmの発泡スチロールを切り出し加工——フォームカッター「CNC HotWire-Cutter」
  7. smartDIYs、80WのハイパワーCO2レーザー加工機「FABOOL Laser DS」の最新モデルを発表
  8. 自宅で手軽に金属めっき——デスクトップ電気めっき加工機「Orbit 1」
  9. Arduino Pro Miniの書き込みに最適——デジタルアイソレーター付きUSBシリアルアダプター「USB to UART converter」
  10. 体の動きに合わせてまつげが光る——LEDつけまつげ「f.lashes」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る