新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、シリーズ最大のFFF方式3Dプリンター「ダヴィンチ Super」の予約販売開始

XYZプリンティングは2018年1月16日、FFF(熱溶融積層)方式プリンター「ダヴィンチ Super」の予約販売を開始した。

photo

ダヴィンチ Superの造形サイズは、300×300×300mmで同シリーズ最大となる。本体サイズは604×605×733mm、重量は35.5kgと先に発表された「ダヴィンチ Color」(600×581×640mm、32.3kg)よりも少し大きくなっている。

photo

主な機能として、「停電プリント再開機能」を搭載し、停電直前のプリント状態を記憶し、通電再開後にエクストルーダーが元の位置から造形を再開できる。また「フィラメント交換プリント再開機能」を利用すれば、異なる色のフィラメントを重ねて造形することもできる。

photo

さらに、フロントドアとトップカバーにセンサーが設置され、プリント中にフロントドアやトップカバーが開くと、安全制御システムが作動しプリントが一時停止する安全面への配慮もある。

photo

分解能はXY平面で12.5μm、積層ピッチは20~400μm、ビルド速度は180mm/秒 だ。なおノズル径は0.4/0.6/0.8mm、ノズル温度は260 ℃、プリントベッド温度は40~100℃で、ABS、PLA、タフPLA、PETGのフィラメントに対応する。またオープンフィラメントに対応し、直径1.75mmの他社製フィラメントも使用できるという。対応OSはWindows 7/MacOS X 10.10以上、およびLinux Ubuntu 14.04/Ubuntu 16.04だ。

photo

同社ECサイトでの価格は39万8000円(税抜)。予約販売は2018年2月20日まで数量限定で受付中、キャンペーン期間中の予約で、フィラメント(2個、色と素材はランダム)をプレゼントするとのこと。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  2. マイコンによる電子工作を基礎から解説——工学社、「Mbedを使った電子工作プログラミング」発刊
  3. 2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始
  4. 芝浦工業大学、人工筋肉を高速振動させたスピーカーを開発
  5. IoT初心者向けのプログラミング解説書——シーアンドアール研究所、「M5Stack&M5StickCではじめるIoT入門」発刊
  6. 巣ごもり期間のAI学習に——XSHELL、Raspberry Pi 4とカメラがセットになったオンライン教材「ツクレルマイPC」発売
  7. テレワークで大活躍! キットできっと作れるZoom専用キーボード
  8. スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開
  9. あなたの「#家ラボ」見せてください!
  10. ロボットを利用したリハビリテーションについて学べるセミナーから、Arduinoを使った電子工作ワークショップまで(5月27日~)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る