新しいものづくりがわかるメディア

RSS


粘土素材で3Dプリンティング——セラミックプリンティングキット「StoneFlower」

3Dプリンターのプリントヘッドを交換し、粘土素材などで造形可能にするキット「StoneFlower」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

StoneFlowerは、ステッピングモーターを搭載したプリントヘッドと材料を入れるシリンジポンプとを、コントロールユニットでシンクロさせながら造形できる3Dプリンティングキットだ。3Dプリンターの標準ヘッドと交換する形で使用する。プリントヘッドには取り付け用のユニバーサルブラケットが付属する。

photo

粘土用のノズル径は3mmで、推奨する積層ピッチは0.3~1.5mm、造形速度は20~100mm/秒で、推奨速度は30~60mm/秒だ。 シリンジポンプの容量は500ml(粘土換算で約900g)で、サイズは直径80mm×930mm、プリントヘッドのサイズは36×40×175mmで重さは400gで、分解して清掃可能な構造になっているとのこと。

photo

また、オプションの「Micro Printing Set」を使えば、粘土以外にソルダリングペースト、石膏、ろう、パルプ、チョコレートなど、ペースト状の材料で3D造形できる。Micro Printing Setは、60mlシリンジ×3、ノズル×4(0.5/1.0/1.5/2.0mm)のセットで、ベーシックキットのシリンジポンプに組み込んで使用する。こちらのシリンジは使い捨てタイプの汎用品が利用できる。

photo

StoneFlowerの「ベーシックキット」は450ユーロ(約6万1000円)、Micro Printing Setが付属する「スタンダードキット」は480ユーロ(約6万5000円)で提供する。2018年4月の出荷を予定しており、日本への送料はいずれも50ユーロ(約6770円)だ。

photo

StoneFlowerはKickstarterにて、2018年2月14日までクラウドファンディングを実施中。1月18日時点で、既に1万1000ユーロ(約149万円)の目標額を上回る約1万5000ユーロ(約203万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る