新しいものづくりがわかるメディア

RSS


粘土素材で3Dプリンティング——セラミックプリンティングキット「StoneFlower」

3Dプリンターのプリントヘッドを交換し、粘土素材などで造形可能にするキット「StoneFlower」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

StoneFlowerは、ステッピングモーターを搭載したプリントヘッドと材料を入れるシリンジポンプとを、コントロールユニットでシンクロさせながら造形できる3Dプリンティングキットだ。3Dプリンターの標準ヘッドと交換する形で使用する。プリントヘッドには取り付け用のユニバーサルブラケットが付属する。

photo

粘土用のノズル径は3mmで、推奨する積層ピッチは0.3~1.5mm、造形速度は20~100mm/秒で、推奨速度は30~60mm/秒だ。 シリンジポンプの容量は500ml(粘土換算で約900g)で、サイズは直径80mm×930mm、プリントヘッドのサイズは36×40×175mmで重さは400gで、分解して清掃可能な構造になっているとのこと。

photo

また、オプションの「Micro Printing Set」を使えば、粘土以外にソルダリングペースト、石膏、ろう、パルプ、チョコレートなど、ペースト状の材料で3D造形できる。Micro Printing Setは、60mlシリンジ×3、ノズル×4(0.5/1.0/1.5/2.0mm)のセットで、ベーシックキットのシリンジポンプに組み込んで使用する。こちらのシリンジは使い捨てタイプの汎用品が利用できる。

photo

StoneFlowerの「ベーシックキット」は450ユーロ(約6万1000円)、Micro Printing Setが付属する「スタンダードキット」は480ユーロ(約6万5000円)で提供する。2018年4月の出荷を予定しており、日本への送料はいずれも50ユーロ(約6770円)だ。

photo

StoneFlowerはKickstarterにて、2018年2月14日までクラウドファンディングを実施中。1月18日時点で、既に1万1000ユーロ(約149万円)の目標額を上回る約1万5000ユーロ(約203万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  4. Raspberry Pi 3にHATサイズのA+が登場——「Raspberry Pi 3 Model A+」
  5. ソーテック社、「これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第5版」発刊
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  8. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  9. シャフトドライブ、ノーパンクタイヤなどを採用——メンテナンスフリー自転車「Rich」
  10. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る