新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー加工と手仕上げによる精密で美しい3D木彫地図「CityWood」

シンプルだが精密で美しい3D木彫地図「CityWood」がKickstarterに登場し、わずか1日で目標額を達成するほど人気を博している。東京を含む世界51都市の中から選択してオーダー可能だ。

CityWood (左)ローマ(右)東京

CityWoodは、世界の主要都市の地図情報をコンピューター処理して、厚み約2~3mmの合板を0.01mmの精度でレーザー加工し最後に手仕上げして作る木彫地図だ。

CityWood ニューヨーク(拡大)

CityWoodは、背景板、河川など水路の層、道路など地形の層、アクリルガラス、木製フレームの5つで構成。各層を別々に分けて作り、重ね合わせることで奥行きを持たせ立体的に仕上げている。合板をレーザー加工した後に手作業でサンドペーパーを掛けて表面を滑らかにし、ニス仕上げした各層を背景板の上に手で重ねていく。アクリルガラスを重ねフレーム加工すると、インテリア性に優れた美しい3D木彫地図に仕上がる。

旅行で訪れた町の思い出としてリビングルームに飾りたい一品だ。

CityWood
CityWood

CityWoodのサイズは、卓上7×5インチ(約178×127mm)、小14×11インチ(約356×279mm)、標準18×18インチ(約457×457mm)、中24×24インチ(約610×610mm)、大36×36インチ(約914×914mm)の5種類。これにフレーム幅1インチ(約25.4mm)の2倍の長さ(約51mm)が各辺に加わる。

CityWood

CityWoodの価格は、早期割引価格で小109ドル(約1万2000円)、キャンペーン価格で卓上29ドル(約3200円)、標準199ドル(約2万2000円)、中289ドル(約3万2000円)、大489ドル(約5万4000円)だ。

北米21都市(ニューヨーク、ワシントン、バンクーバーなど)、ヨーロッパ18都市(ロンドン、パリ、ベルリンなど)、ロシア1都市(モスクワ)、アジア5都市(東京、上海など)、中東2都市(ドバイ、テルアビブ)、オセアニア2都市(メルボルン、シドニー)、中南米2都市(リオデジャネイロなど)の中から都市を1つ選んで注文する。

CityWood

出荷予定は卓上および小サイズが2018年6月で、標準サイズ以上は2018年7月。日本への送料は卓上15ドル(約1700円)、小19ドル(約2100円)、標準21ドル(約2300円)、中29ドル(約3200円)、大39ドル(約4300円)だ。

CityWoodは2018年2月17日までクラウドファンディングを実施する。2018年1月17日にキャンペーン開始し、翌日には目標額3000ドル(約33万円)を達成。2018年1月19日時点で目標額の3倍以上にあたる約9400ドル(約110万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る