新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、ASUS Tinker Board用カメラモジュールの販売開始

TechShareは、ASUSTeK ComputerのシングルボードコンピューターTinker Board用カメラモジュールの販売を開始した。

同モジュールは、TechShareのオリジナルブランド「Physical Computing Lab」の製品で、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の2種類のカメラモジュールと、固定フォーカス(Fixed Focus)、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の3種類の赤外線カメラモジュールの計5種類。画像センサーはいずれも、5MegaPixelのOV5647センサーを用いている。

Tinker Board用カメラモジュール
Tinker Board用赤外線カメラモジュール

最新のTinker Board用のオペレーティングシステムTinker OS Ver.2.0.4を使えば、Tinker Boardだけでなく、2018年1月9日に発表された新型のTinker Board Sでも利用可能だ。OSでドライバーが提供されているため、Tinker BoardやTinker Board S側での特別な設定なしに、これら製品をそのまま利用できる。

Tinker Boardは、ギガビットイーサーや4K Decodeなどの機能もあるため、カメラアプリケーションでの利用が期待されていたが、これまでは対応ドライバーのあるカメラモジュールがなかった。今回の製品により、ハードウェアとソフトウェアの両面でカメラアプリケーションの環境整備が進んだ。

今回の製品の国内販売は、まず2018年1月18日からTechShareの通販サイト「Physical Computing Lab」で販売を開始し、今後順次、Amazonや楽天などの通販や販売店へ広げていく。

Physical Computing Labでの価格は、カメラモジュールのAdjustable Focusが2980円、Fish Lensが3480円。赤外線カメラモジュールのFixed Focusが3280円、Adjustable Focusが3780円、Fish Lensが4280円だ(すべて税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. シンプルながら多機能——インクスクリーン採用のスマートウォッチ「GLIGO」
  2. 3ピース構造でPiカメラがマウントできる——カラフルなRaspberry Piケース「PiShell」
  3. オーム社、機械学習の基礎知識から深層学習までを学ぶ「マンガでわかる機械学習」発刊
  4. Arduino Zero互換でクロック120MHz——32-bit ARM M4Fマイコンモジュール「Tachyon」
  5. 指にはめてどこでもタイピング——ウェアラブルキーボード「Tap」
  6. デスクトップにおける小型メタルボディ——FFF方式小型3Dプリンター「rs-Mini」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. カットシステム、OpenCVによる画像、動画処理の解説書「Pythonで始めるOpenCV3プログラミング」発刊
  9. 「第22回機械要素技術展」で、自分でも買えそうな気になる製品を探してみた
  10. 新生活に役立つものを1000円で作っちゃおう!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る