新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、ASUS Tinker Board用カメラモジュールの販売開始

TechShareは、ASUSTeK ComputerのシングルボードコンピューターTinker Board用カメラモジュールの販売を開始した。

同モジュールは、TechShareのオリジナルブランド「Physical Computing Lab」の製品で、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の2種類のカメラモジュールと、固定フォーカス(Fixed Focus)、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の3種類の赤外線カメラモジュールの計5種類。画像センサーはいずれも、5MegaPixelのOV5647センサーを用いている。

Tinker Board用カメラモジュール
Tinker Board用赤外線カメラモジュール

最新のTinker Board用のオペレーティングシステムTinker OS Ver.2.0.4を使えば、Tinker Boardだけでなく、2018年1月9日に発表された新型のTinker Board Sでも利用可能だ。OSでドライバーが提供されているため、Tinker BoardやTinker Board S側での特別な設定なしに、これら製品をそのまま利用できる。

Tinker Boardは、ギガビットイーサーや4K Decodeなどの機能もあるため、カメラアプリケーションでの利用が期待されていたが、これまでは対応ドライバーのあるカメラモジュールがなかった。今回の製品により、ハードウェアとソフトウェアの両面でカメラアプリケーションの環境整備が進んだ。

今回の製品の国内販売は、まず2018年1月18日からTechShareの通販サイト「Physical Computing Lab」で販売を開始し、今後順次、Amazonや楽天などの通販や販売店へ広げていく。

Physical Computing Labでの価格は、カメラモジュールのAdjustable Focusが2980円、Fish Lensが3480円。赤外線カメラモジュールのFixed Focusが3280円、Adjustable Focusが3780円、Fish Lensが4280円だ(すべて税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る