新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、ASUS Tinker Board用カメラモジュールの販売開始

TechShareは、ASUSTeK ComputerのシングルボードコンピューターTinker Board用カメラモジュールの販売を開始した。

同モジュールは、TechShareのオリジナルブランド「Physical Computing Lab」の製品で、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の2種類のカメラモジュールと、固定フォーカス(Fixed Focus)、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の3種類の赤外線カメラモジュールの計5種類。画像センサーはいずれも、5MegaPixelのOV5647センサーを用いている。

Tinker Board用カメラモジュール
Tinker Board用赤外線カメラモジュール

最新のTinker Board用のオペレーティングシステムTinker OS Ver.2.0.4を使えば、Tinker Boardだけでなく、2018年1月9日に発表された新型のTinker Board Sでも利用可能だ。OSでドライバーが提供されているため、Tinker BoardやTinker Board S側での特別な設定なしに、これら製品をそのまま利用できる。

Tinker Boardは、ギガビットイーサーや4K Decodeなどの機能もあるため、カメラアプリケーションでの利用が期待されていたが、これまでは対応ドライバーのあるカメラモジュールがなかった。今回の製品により、ハードウェアとソフトウェアの両面でカメラアプリケーションの環境整備が進んだ。

今回の製品の国内販売は、まず2018年1月18日からTechShareの通販サイト「Physical Computing Lab」で販売を開始し、今後順次、Amazonや楽天などの通販や販売店へ広げていく。

Physical Computing Labでの価格は、カメラモジュールのAdjustable Focusが2980円、Fish Lensが3480円。赤外線カメラモジュールのFixed Focusが3280円、Adjustable Focusが3780円、Fish Lensが4280円だ(すべて税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る