新しいものづくりがわかるメディア

RSS


TechShare、ASUS Tinker Board用カメラモジュールの販売開始

TechShareは、ASUSTeK ComputerのシングルボードコンピューターTinker Board用カメラモジュールの販売を開始した。

同モジュールは、TechShareのオリジナルブランド「Physical Computing Lab」の製品で、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の2種類のカメラモジュールと、固定フォーカス(Fixed Focus)、手動調整フォーカス(Adjustable Focus)、魚眼レンズ(Fish Lens)の3種類の赤外線カメラモジュールの計5種類。画像センサーはいずれも、5MegaPixelのOV5647センサーを用いている。

Tinker Board用カメラモジュール
Tinker Board用赤外線カメラモジュール

最新のTinker Board用のオペレーティングシステムTinker OS Ver.2.0.4を使えば、Tinker Boardだけでなく、2018年1月9日に発表された新型のTinker Board Sでも利用可能だ。OSでドライバーが提供されているため、Tinker BoardやTinker Board S側での特別な設定なしに、これら製品をそのまま利用できる。

Tinker Boardは、ギガビットイーサーや4K Decodeなどの機能もあるため、カメラアプリケーションでの利用が期待されていたが、これまでは対応ドライバーのあるカメラモジュールがなかった。今回の製品により、ハードウェアとソフトウェアの両面でカメラアプリケーションの環境整備が進んだ。

今回の製品の国内販売は、まず2018年1月18日からTechShareの通販サイト「Physical Computing Lab」で販売を開始し、今後順次、Amazonや楽天などの通販や販売店へ広げていく。

Physical Computing Labでの価格は、カメラモジュールのAdjustable Focusが2980円、Fish Lensが3480円。赤外線カメラモジュールのFixed Focusが3280円、Adjustable Focusが3780円、Fish Lensが4280円だ(すべて税別)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  4. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  5. シリコン半導体に置き換わる新デバイスーー集積度の限界を超える「金属-空気トランジスタ」
  6. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  7. 手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る