新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段ボールで自作するキーボード——音楽用キーボードDIYキット「KAMI-OTO」

切り抜いた段ボールを組み立てて音楽用キーボードが作れるDIYキット「KAMI-OTO」が、Kickstarter限定で登場して出資を募っている。

photo

KAMI-OTOは、メイン基板、シリコンコンタクト、段ボール製のボディと2オクターブの鍵盤(白鍵×15/黒鍵×10)で構成され、約30分で組み立てられる。

photo

メインボードには、CPU、Micro USBポート、USBチップ、AMP、スピーカー、Bluetoothチップ(オプション)、鍵盤スイッチを搭載。本体とPC/スマートフォンとはUSBケーブルかBluetooth(オプション)で接続し、開発元が提供するiOS対応無料アプリ「PianoMan」、「8Bitone」、「Matix Music Pad」などで簡単にプレイを楽しめる他、MIDIを使った本格的な作曲もできる。現在FM音源への対応を検討中とのことだ。

photo

キーボードは鍵盤を叩く速度(演奏の強さ)も検出できるとし、他にオクターブシフトボタン、モジュレーター、ダンパーなどの機能を備え、ファンクションキーでMIDIチャンネルの変更もできる。本体は段ボール製なので、絵を描いたり色を塗ったりもできる。

photo

プロジェクトオーナーは、かつてコナミで音楽ゲーム「beatmania」を制作したことで知られる南雲玲生氏。今のところKAMI-OTOの一般販売の予定はなく、Kickstarter限定で4000円(Bluetooth無は3000円)で提供する。出荷は2018年8月を予定しており、国内の送料は1000円だ。

KAMI-OTOはKickstarterにて、200万円を目標に2018年3月25日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る