新しいものづくりがわかるメディア

RSS


段ボールで自作するキーボード——音楽用キーボードDIYキット「KAMI-OTO」

切り抜いた段ボールを組み立てて音楽用キーボードが作れるDIYキット「KAMI-OTO」が、Kickstarter限定で登場して出資を募っている。

photo

KAMI-OTOは、メイン基板、シリコンコンタクト、段ボール製のボディと2オクターブの鍵盤(白鍵×15/黒鍵×10)で構成され、約30分で組み立てられる。

photo

メインボードには、CPU、Micro USBポート、USBチップ、AMP、スピーカー、Bluetoothチップ(オプション)、鍵盤スイッチを搭載。本体とPC/スマートフォンとはUSBケーブルかBluetooth(オプション)で接続し、開発元が提供するiOS対応無料アプリ「PianoMan」、「8Bitone」、「Matix Music Pad」などで簡単にプレイを楽しめる他、MIDIを使った本格的な作曲もできる。現在FM音源への対応を検討中とのことだ。

photo

キーボードは鍵盤を叩く速度(演奏の強さ)も検出できるとし、他にオクターブシフトボタン、モジュレーター、ダンパーなどの機能を備え、ファンクションキーでMIDIチャンネルの変更もできる。本体は段ボール製なので、絵を描いたり色を塗ったりもできる。

photo

プロジェクトオーナーは、かつてコナミで音楽ゲーム「beatmania」を制作したことで知られる南雲玲生氏。今のところKAMI-OTOの一般販売の予定はなく、Kickstarter限定で4000円(Bluetooth無は3000円)で提供する。出荷は2018年8月を予定しており、国内の送料は1000円だ。

KAMI-OTOはKickstarterにて、200万円を目標に2018年3月25日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1980年代に高校通信教育講座受講者に無償配布された専用ラジカセ「NEC FM SUB/FM AM RADIO CASSETTE TAPE RECORDER RM-380(非売品)」
  2. より良いサーフボードのデザインで地球を救いたいと一企業が考えた理由
  3. 好みの3Dプリンター自作に——デスクトップ3Dプリンター用フレーム「Easy Frame」
  4. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  5. ナット挿入や穴開けもできる3Dプリント造形物用仕上げツール「Modifi3D PRO」
  6. 飛騨高山産の木材で作った木製ヘッドフォン「ヒダノオト」
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. PCB一体型アンテナ搭載——小型BLEモジュール「NINA-B306/316」
  9. クラレ、水溶性のMOWIFLEXを使った3Dプリンター用サポートフィラメントを発表
  10. 円筒状の表面にレーザー刻印できる——レーザー加工機用ロータリーアタッチメント「PiBurn」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る