新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Pi ZeroにArduinoとUSB×3を搭載できる——Raspberry Pi Zero専用拡張ボード「ArduinoPixed」

Arduino互換コントローラーとUSB×3などを搭載し、Raspberry Pi Zeroにアドオンできる拡張ボード「ArduinoPixed」がKickstarterに登場し、支援を募っている。

photo

ArduinoPixed は、ATMEGA328、温度計測用サーミスター、LED、プッシュボタンスイッチ、そしてArduinoからのA/Dピンなどを備えている。Raspberry Pi Zeroとの接続にはケーブルなどは不要で、2枚を重ねて4カ所ネジ止めするだけで、ポゴピン経由で接続できる設計だ。

photo 2本のヘッダーへの回路

また、2mmピッチの10ピンヘッダー×2を備えており、それぞれから5Vまたは3.3Vの電源を供給する。ATMEGA328のインターフェースは図のように接続されている。

photo ATMEGA328

ArduinoPixedを使ったArduinoプログラミングは簡単で、USBキーボードとマウスを接続し、HDMI経由でモニターを接続したうえでArduino環境を導入すればよい。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

sudo apt-get install arduino

と入力すれば、Arduino IDEからのプログラミングが可能だ。導入時にはもっとも近い「Arduino Nano 328」を選択すればよいとのことだ。

photo

ArduinoPixedはKickstarter 特別価格23ドル(約2500円)での提供を予定している。2018年3月出荷開始を予定。日本への送料は別途15ドル(約1630円)が必要だ。

ArduinoPixedはKickstarterで、2018年2月28日までクラウドファンディングを実施中。2月1日時点で、目標額4000ドル(約43万4000円)に対して約900ドル(約9万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る