新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Pi ZeroにArduinoとUSB×3を搭載できる——Raspberry Pi Zero専用拡張ボード「ArduinoPixed」

Arduino互換コントローラーとUSB×3などを搭載し、Raspberry Pi Zeroにアドオンできる拡張ボード「ArduinoPixed」がKickstarterに登場し、支援を募っている。

photo

ArduinoPixed は、ATMEGA328、温度計測用サーミスター、LED、プッシュボタンスイッチ、そしてArduinoからのA/Dピンなどを備えている。Raspberry Pi Zeroとの接続にはケーブルなどは不要で、2枚を重ねて4カ所ネジ止めするだけで、ポゴピン経由で接続できる設計だ。

photo 2本のヘッダーへの回路

また、2mmピッチの10ピンヘッダー×2を備えており、それぞれから5Vまたは3.3Vの電源を供給する。ATMEGA328のインターフェースは図のように接続されている。

photo ATMEGA328

ArduinoPixedを使ったArduinoプログラミングは簡単で、USBキーボードとマウスを接続し、HDMI経由でモニターを接続したうえでArduino環境を導入すればよい。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

sudo apt-get install arduino

と入力すれば、Arduino IDEからのプログラミングが可能だ。導入時にはもっとも近い「Arduino Nano 328」を選択すればよいとのことだ。

photo

ArduinoPixedはKickstarter 特別価格23ドル(約2500円)での提供を予定している。2018年3月出荷開始を予定。日本への送料は別途15ドル(約1630円)が必要だ。

ArduinoPixedはKickstarterで、2018年2月28日までクラウドファンディングを実施中。2月1日時点で、目標額4000ドル(約43万4000円)に対して約900ドル(約9万6000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る