新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」

ポータブルポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後わずか5時間で、目標額の調達に成功している。

photo

Modal SKULPTは、4音32オシレーター内蔵のバーチャルアナログシンセサイザー。各音8つのオシレーターで構成し、2つはセレクタブルなモーフィング波形に対応する。本体サイズは255×135×68mmとコンパクトで、16キータッチのMIDI対応キーボードを備える。

photo

オシレーターレベルのミキサーステージは、FM、PWM、チューニング、リングモジュレーションのオプションに対応し、4音ポリフォニックのPOLY、ユニゾン機能により複数のオシレーターをミックスできるDUOとMONOの各モードを選択できる。8スロットモジュレーションマトリックスは、8のソースと37のデスティネーションを備える。

photo

リアルタイムシーケンサーは、最大128ノート、4パラメーターのレコードが可能。レゾナントフィルターは、ローパスからバンドパス、そしてハイパスへモーフィングができ、ディレイやディストーションなどエフェクト機能も備えている。

外部デバイスとの接続用に、MIDI DIN入出力、アナログクロック同期、ヘッドフォン/ライン出力、micro USBポートを備える。電源は、micro USBか単三電池×6を使う。MacOS/Windows/iOS/Android対応の編集用ソフトウェアは、ビジュアルオーバービューやパッチマネージメントが可能。対応OSを搭載したデバイスとの接続は、付属のmicro USBで行う。

Modal SKULPTは、今なら208ポンド(約3万800円)で入手できる。2018年11月の出荷を予定しており、日本への送料は15ポンド(約2220円)だ。

Modal SKULPTはKickstarterにて、2018年8月12日までクラウドファンディングを実施中。7月18日時点で、5万ポンド(約741万円)の目標額を大きく上回る約9万2000ポンド(約1360万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る