新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本3Dプリンター、3Dスキャナー「EinScan」シリーズ4機種発売

TAG

新製品 3Dスキャナ

日本3Dプリンターは、3Dスキャナー「EinScan(インスキャン)」シリーズ4機種を発売する。低価格ながらプロ仕様で使えるとし、ハンディ型の「EinScan-Pro」と「EinScan-Pro+」、卓上型の「EinScan-SE」の「EinScan-SP」をラインアップする。

photo

EinScan-ProとEinScan-Pro+は、ハンドヘルド型3Dスキャナーで、手に持って広範囲をスキャンするハンディスキャンモード、三脚とターンテーブルを使用したオートモードをサポートする。また、オプションのカラー取得モジュールを使用することでフルカラーでのテクスチャースキャンも可能だ。

photo

スキャン精度は共に0.05mm(オート、シングルスキャン)で、EinScan-Pro+がスキャン範囲50~150mm(ターンテーブル)、100~4000m(HDスキャン)、スキャンスピード55万点/秒(HDスキャン)、EinScan-Proがスキャン範囲30~150mm(ターンテーブル)、30~4000m(HDスキャン)、スキャンスピード9万点/秒(HDスキャン)。ともに本体重量は0.8kgだ。

photo EinScan-SP

EinScan-SEおよびEinScan-SPは、卓上型の3Dスキャナーだ。いずれもターンテーブルを使用したオートマティックスキャンとフリースキャンの2種類のスキャンモードを選択できる。また、フルカラーテクスチャに対応しており、stlやobj形式でのファイル出力が可能だ。

photo EinScan-SE

共に1.3Mpixelのカメラを使い、シングルショットスキャン精度が0.1mm以下、最小スキャン範囲30×30×30mm、最大スキャン範囲が200×200×200mm(オートスキャン)、700×700×700mm(フリースキャン)となっている。いずれも本体重量2.5kg、本体サイズは570×210×210mmだ。

photo

4機種いずれも光源には白色光を用い、出力フォーマットは、OBJ、PLY、STL、ASCに対応。付属ソフトウェア「EinScan Software」には各部分のスキャンデータを簡単にオートマージする機能があるので、初心者でもきれいな3Dスキャンデータの作成が可能だとしている。価格など見積もりは同社Webサイトで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  6. Raspberry Pi Zero Wに対応——マイナビ出版、「たのしいラズパイ電子工作ブック Zero W対応」発刊へ
  7. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  10. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る