新しいものづくりがわかるメディア

RSS


日本3Dプリンター、3Dスキャナー「EinScan」シリーズ4機種発売

TAG

新製品 3Dスキャナ

日本3Dプリンターは、3Dスキャナー「EinScan(インスキャン)」シリーズ4機種を発売する。低価格ながらプロ仕様で使えるとし、ハンディ型の「EinScan-Pro」と「EinScan-Pro+」、卓上型の「EinScan-SE」の「EinScan-SP」をラインアップする。

photo

EinScan-ProとEinScan-Pro+は、ハンドヘルド型3Dスキャナーで、手に持って広範囲をスキャンするハンディスキャンモード、三脚とターンテーブルを使用したオートモードをサポートする。また、オプションのカラー取得モジュールを使用することでフルカラーでのテクスチャースキャンも可能だ。

photo

スキャン精度は共に0.05mm(オート、シングルスキャン)で、EinScan-Pro+がスキャン範囲50~150mm(ターンテーブル)、100~4000m(HDスキャン)、スキャンスピード55万点/秒(HDスキャン)、EinScan-Proがスキャン範囲30~150mm(ターンテーブル)、30~4000m(HDスキャン)、スキャンスピード9万点/秒(HDスキャン)。ともに本体重量は0.8kgだ。

photo EinScan-SP

EinScan-SEおよびEinScan-SPは、卓上型の3Dスキャナーだ。いずれもターンテーブルを使用したオートマティックスキャンとフリースキャンの2種類のスキャンモードを選択できる。また、フルカラーテクスチャに対応しており、stlやobj形式でのファイル出力が可能だ。

photo EinScan-SE

共に1.3Mpixelのカメラを使い、シングルショットスキャン精度が0.1mm以下、最小スキャン範囲30×30×30mm、最大スキャン範囲が200×200×200mm(オートスキャン)、700×700×700mm(フリースキャン)となっている。いずれも本体重量2.5kg、本体サイズは570×210×210mmだ。

photo

4機種いずれも光源には白色光を用い、出力フォーマットは、OBJ、PLY、STL、ASCに対応。付属ソフトウェア「EinScan Software」には各部分のスキャンデータを簡単にオートマージする機能があるので、初心者でもきれいな3Dスキャンデータの作成が可能だとしている。価格など見積もりは同社Webサイトで受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る