新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduinoでロボットプログラミング——ロボット制御ボード「VS-RC202」を搭載した「ピッコロボIoT」

ヴイストンは、Arduino互換マイコンを搭載したロボット制御ボード「VS-RC202」と、VS-RC202を搭載した入門用二足歩行ロボット「ピッコロボIoT」を発売した。

photo

VS-RC202は、CPUにArduino互換のESP-WROOM-02を搭載するロボット制御ボードだ。サーボモーターやセンサー制御用に専用ファームウェアを書き込んだARMチップを搭載しており、Arduino IDEからARMチップを呼び出すだけで仮想ドライバーとしてサーボやセンサーを使うことができる。

photo

そのため、初心者でも容易にロボットプログラミングを学習することができ、サンプルプログラムを使えばWi-Fi経由でスマートフォンからVS-RC202を搭載したピッコロボIoTを操作することもできる。他にもLED制御やADC経由でのアナログセンサー読み込み、超音波センサー(HC-SR04)などを標準でサポートする。

photo

サーボモーター、センシング、Wi-Fi通信機能を1枚のボードに搭載しているため、ピッコロボ以外にもIoTデバイスやワイヤレス操作のロボット等様々な自作用途に応用できる。

photo

ピッコロボIoTは、VS-RC202を搭載しその学習用プラットフォームとして開発されたロボットキットだ。多くのサンプルコードとチュートリアルが用意されており、ロボット工作やロボット制御の入門教材として活用できる。

本体サイズは212×133×92mm、重量約480g(バッテリー搭載時)、サーボモーター×4を搭載し、頭1、腰1、脚2の合計4自由度だ。

photo

価格はVS-RC202が5400円(以下価格はすべて税別)、ピッコロボIoT標準キットが1万2000円、本体キットに超音波センサー、人感センサー各1個、明るさセンサー、LEDライト青色各2個を加えてセットにした自律制御セットが1万4000円、あらかじめ組み立て済みの完成版が2万円(完成版のみ2018年2月7日頃出荷予定)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る