新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリント/レーザー彫刻/CNC——1台3役の3Dプリンター複合機「MOOZ」

ヘッドを交換するだけで3Dプリント、レーザー彫刻、CNC彫刻の1台3役の3Dプリンター複合機「MOOZ」がMakuakeでプロジェクトを開始した。

photo

MOOZは、変形可能なアルミニウム合金の筐体を持つFFF方式3Dプリンター複合機だ。3Dプリント用、レーザー彫刻用、CNC彫刻用のそれぞれのヘッドが用意されている。

photo
photo
photo
photo

ボディはモジュール構造を採用しており、コストパフォーマンス重視のシングル垂直軸(1Z)タイプから精度重視のダブル垂直軸(2Z)タイプにアップグレードができ、将来的には動画内で紹介されているデルタ型3Dプリンター形態(3Z)への拡張も可能だとしている。

アルミニウムボディは加工時の安定性に優れ、産業グレードのリニアガイドを採用して造形時の振動を抑制したという。リニア平行度は100mmあたり0.01mmだ。さらに最大0.005mmの精度のステッピングモーターを採用している。

photo

外寸は285×285×318mm、3Dプリントの仕様はノズル直径が0.4mm、積層ピッチが50~300μm、造形サイズは130×130×130mm、プリント速度は毎秒10~80mm。ノズル温度は190~260℃、50~100℃設定のヒーテッドベッドを採用し、対応フィラメントはPLA、ABS、PC、FLEXだ。

レーザー彫刻の仕様は、作業範囲が130×130mm、レーザー出力が0.5W(オプション1.6W)、対応材料は木材、紙製品、プラスチック、皮革などだ。

CNC彫刻部分は、スピンドルの回転速度が最大12000rpm、CNCチャックのカシメ幅が0~4mm、標準ビットは先端0.3mm/30度/3.175mmの平底シャープカッターで、木材、プラスチック、PCBボードやその他多くの非金属製品の加工に対応する。

photo

MOOZの製造元は、教育/ホビー用デスクトップロボットアームなどを手掛けるDobot、プロジェクト実行者はTechshareだ。Makuakeでのリターンは、シングル垂直軸(1Z)タイプが5万9800円、ダブル垂直軸(2Z)タイプが6万9800円、2Z構造に3Dプリント、レーザー彫刻、CNC彫刻の3種類分のヘッドを揃えたフルセットが7万9800円(いずれも税込)だ。

2018年2月8日現在、目標金額50万円のところ82万円以上の支援が集まりプロジェクト達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る