新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロトタイピング用の部品を持ち運べる道具箱「Arduino Portable Programming Lab」

Arduinoによるプロトタイピングに必要な部品を収めたボックス「Arduino Portable Programming Lab」がKickstarterに登場した。

Arduino Portable Programming Lab

Arduino Portable Programming Labは、Arduino本体、NCR18650Bリチウムイオン電池2本、充電器、ブレッドボード、ジャンパー線、ふた付き小物入れ(中仕切り付き)を1つのボックスに収めたキット。リュックサックにすっぽり収まるサイズで、どこへでも持って行けてすぐにプロトタイピングができるArduinoの道具箱だ。

Arduino Portable Programming Lab
Arduino Portable Programming Lab

ボックスを開けると、片方の内側にはジャンパー線収納ホルダーが18個付いており、ジャンパー線を伸ばしたまま留めておける。ボックスはエンクロージャーとして使えるので、ブレッドボードを使って組んだ回路をそのまま持ち運びできる。

Arduino Portable Programming Lab

Arduino Portable Programming Labは、これからArduinoを使い始めてみようというビギナーにも向いている。とりあえず必要になるものは揃っているので、あとはLED、抵抗、コンデンサーなどの部品を買い足せば電子工作を始められる。買い足した部品はふた付き小物入れに収納できるので、持ち運んでも部品が散らかったりすることもない。

Arduino Portable Programming Lab

Arduino Portable Programming Labの価格は、69ドル(約7500円)。出荷は2018年7月の予定で、日本への送料は15ドル(約1700円)だ。

Arduino Portable Programming Labは1万ドル(約110万円)を目標に、2018年3月9日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る