新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTサービスの開発期間を短縮——Raspberry Piとセンサーを使ってAWS IoTに接続する「AWS IoT開発キット」

スペクトラム・テクノロジーは、センサーやRaspberry Pi 3Bを使ってAWS(Amazon Web Services) IoTと接続し、メール送信、データのリアルタイム表示などを体験できる「AWS IoT開発キット」を販売開始する。はじめてAWS IoTを利用する、または今後導入を考えている企業などに適している。

同開発キットは、BMP280温度/気圧センサー、4文字ディスプレイ、ブレッドボード、スイッチ、ジャンパーなどをセットにしたプロジェクトキットと、Raspberry Pi 3 model B、Pythonによるサンプルプログラム、マニュアルなどで構成されている。

センサーを使い、AWS IoTを介して、DBへのデータの書き込み、Webへのリアルタイム表示、メッセージの送信といった実際の動作を体験でき、AWSの豊富な機能を習得できる。また、Raspberry PiのGPIOを使った接続により、さまざまなセンサーに対応可能で、Pythonを使ったプログラミングで応用も簡単にできる。

付属するライブラリやサンプルプログラムを利用することで、開発期間を大幅に短縮できる。また、AWSは最初の12カ月間は無料利用枠があるため、体験、開発を低コストで実施できる。さらにキットには14日間の無料運用サポートもある。

サンプルプログラムとしては、BMP280センサーを使い、MQTTプロトコルを介してAWS IoTに接続し、そのデータをリアルタイム表示するものや、タクトスイッチを使い、AWS SNSからメール送信するものなどを用意している。

利用にはLinux、Pythonの基礎的な知識は必要だが、AWSの知識、ブレッドボートなどの知識は同キットの利用で習得できるため、必要ない。

キット本体の価格は4万円(税抜)。バッテリーやUSB電源ケーブル、HDMIケーブルはオプションとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る