新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スタートアップのためのコミュニティビル「SLACK SHIBUYA」3月オープン

リアルゲイトは、スタートアップや中小企業の支援に特化したコミュニティオフィスビル「SLACK SHIBUYA」を渋谷桜丘町に3月にオープンする。

photo

同施設は渋谷駅徒歩5分のビンテージマンションをリノベーションした、スタートアップ企業の支援に特化したコミュニティオフィスビルだ。オフィスや会議室、イベントスペース、共用ラウンジ、ルーフトップテラスを備え、スタートアップ企業や中小企業がよりクリエイティブに、より快適に働けるオフィス空間と、様々なサポートプログラムやサービスを提供していくという。

オフィスレンタルプランとして、スモールオフィスが23.80~71.58平米で賃料16万8000円(税別)から、デスクやチェアなどの揃ったセットアッププランが23.80~47.78平米で賃料18万6000円(税別)から、などとなっている。

photo

また、3月申込企業限定でオフィス移転時の初期コストが免除になる2つのプログラムを実施する。「スタートアップサポートプログラム」では応募条件をクリアすれば、入居審査基準を緩和、保証金/事務手数料/保証会社委託料の免除が適用され、6カ月スパンでの契約が可能となる。「中小企業サポートプログラム」では、入居審査基準を緩和、事務手数料免除の他、保証会社加入で保証金を賃料(共益費含む)1カ月分(通常は賃料2.08カ月分以上)へ変更などの特典が適用される。

SLACK SHIBUYAの住所は東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル、渋谷駅から徒歩5分だ。2018年2月下旬より先行内覧会、同3月中旬より入居開始を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る