新しいものづくりがわかるメディア

RSS


脳波をスキャンし絵文字にして送信できる——コミュニケーションツール「BrainMoji」

ヘッドセットで脳波を読み取り、その時の感情を絵文字で表現できるコミュニケーションツール「BrainMoji」がKickstarterに登場した。スマートフォン経由で自分の気持ちにマッチした絵文字を相手とシェアできる。

photo

絵文字は気持ちや雰囲気を伝える手段として使われているが、BrainMojiはタイプやタッチ不要で自分の気持ちにあった絵文字を作り、気持ちを伝えることができるという。

photo

BrainMojiは、薄型のEEG(脳電図)ヘッドセット「Spark」を頭部に装着して脳波をスキャンしている。Sparkは、F3/F4(前頭部運動野)、O1/O2(後頭部視覚野) の4つのセンサーを備え、Bluetooth 4.0経由でスマートフォンに測定したデータを送信できる。重さ20グラム以下と軽く、充電式で1回の充電で8時間使用することができる。

photo

スマートフォンアプリでは取得した脳波を解析、過去の履歴なども参照し、その時の感情を表している絵文字を自動生成する。生成した絵文字はスマートフォン内に記録することも、SNSなどを介して送信することもできる。

photo
photo

BrainMojiの早期割引価格は、100カナダドル(約8640円)。出荷は2019年3月の予定で、日本への送料は25カナダドル(約2160円)だ。

BrainMojiは2018年3月10日までクラウドファンディングを実施。2018年2月13日時点で目標の5万カナダドル(約432万円)に対して、約900カナダドル(約7万7800円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る