新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi CM3/3Liteに対応——Raspberry Pi用キャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズ

ラトックシステムは、Raspberry Pi Compute Module 3/3 Liteに対応したキャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズを2018年3月下旬に発売する。

photo

RPi-CM3MBシリーズとして、「RPi-CM3MB2/RPi-CM3MB2L」、PoE対応版「RPi-CM3MB2-PoE/RPi-CM3MB2L-PoE」、同小型版の「RPi-CM3MB3/RPi-CM3MB3L」の6製品をラインアップする(LはCM3 Liteバンドルモデル)。組込みに適した設計で、基板上のSO-DIMMスロットにCM3をセットして、Modbusを利用したFA/LA制御をはじめ、センサーデバイスの計測や、ネットワークカメラと連携した監視、デジタルサイネージ用デバイスなどに応用できる。

photo SO-DIMMスロットにCM3を装着
photo CM3 Lite用microSDスロット

基板サイズは、RPi-CM3MB2が166×112mm、RPi-CM3MB3が120×84mm。フラッシュストレージの搭載されていないCM3 Liteを使用する場合でも、基板上に搭載されているmicroSDスロットからOSの起動が可能だ。

また、RPi-CM3MB2/RPi-CM3MB2-PoEはバックアップ用リチウムイオン電池を搭載し、落雷や断線など、想定外の停電時にも安心して動作を停止できる。停電時は自動的に待機電源へ移行するので、瞬断することなくシャットダウンが可能だ。

photo バックアップ用リチウムイオン電池
photo PoE対応イーサネットアダプター

RPi-CM3MB2-PoEに搭載されるイーサネットアダプターは、LANケーブルを利用して電力を供給できる技術「PoE」に対応したアダプター(受電タイプ)を採用する。

価格はRPi-CM3MB2が3万5800円、RPi-CM3MB2Lが4万800円。RPi-CM3MB2-PoEが5万4800円、RPi-CM3MB2L-PoEが6万800円、RPi-CM3MB3が3万800円、RPi-CM3MB3Lが3万6800円となる。(価格は全て税別)

今後、FA/LA機器の制御用デジタルI/Oボードや、各種センサのアナログ波形を計測できるA/Dコンバーター、サーボモーター動作制御用のPWMボードなどの拡張基板も順次導入予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る