新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi CM3/3Liteに対応——Raspberry Pi用キャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズ

ラトックシステムは、Raspberry Pi Compute Module 3/3 Liteに対応したキャリアボード「RPi-CM3MB」シリーズを2018年3月下旬に発売する。

photo

RPi-CM3MBシリーズとして、「RPi-CM3MB2/RPi-CM3MB2L」、PoE対応版「RPi-CM3MB2-PoE/RPi-CM3MB2L-PoE」、同小型版の「RPi-CM3MB3/RPi-CM3MB3L」の6製品をラインアップする(LはCM3 Liteバンドルモデル)。組込みに適した設計で、基板上のSO-DIMMスロットにCM3をセットして、Modbusを利用したFA/LA制御をはじめ、センサーデバイスの計測や、ネットワークカメラと連携した監視、デジタルサイネージ用デバイスなどに応用できる。

photo SO-DIMMスロットにCM3を装着
photo CM3 Lite用microSDスロット

基板サイズは、RPi-CM3MB2が166×112mm、RPi-CM3MB3が120×84mm。フラッシュストレージの搭載されていないCM3 Liteを使用する場合でも、基板上に搭載されているmicroSDスロットからOSの起動が可能だ。

また、RPi-CM3MB2/RPi-CM3MB2-PoEはバックアップ用リチウムイオン電池を搭載し、落雷や断線など、想定外の停電時にも安心して動作を停止できる。停電時は自動的に待機電源へ移行するので、瞬断することなくシャットダウンが可能だ。

photo バックアップ用リチウムイオン電池
photo PoE対応イーサネットアダプター

RPi-CM3MB2-PoEに搭載されるイーサネットアダプターは、LANケーブルを利用して電力を供給できる技術「PoE」に対応したアダプター(受電タイプ)を採用する。

価格はRPi-CM3MB2が3万5800円、RPi-CM3MB2Lが4万800円。RPi-CM3MB2-PoEが5万4800円、RPi-CM3MB2L-PoEが6万800円、RPi-CM3MB3が3万800円、RPi-CM3MB3Lが3万6800円となる。(価格は全て税別)

今後、FA/LA機器の制御用デジタルI/Oボードや、各種センサのアナログ波形を計測できるA/Dコンバーター、サーボモーター動作制御用のPWMボードなどの拡張基板も順次導入予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  3. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  8. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る