新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」

アポロ宇宙船搭載装置のレプリカ「Open DSKY」が、Kickstarterで人気を博している。

photo

2019年はアポロ11号の月面着陸から50周年にあたる。アポロ計画(1961~1975年)の宇宙船には、「アポロ誘導コンピューター(AGC:Apollo Guidance Computer)」と名付けられた組み込み型リアルタイムコンピューターが指令船と月着陸船に各1台搭載されていた。

DSKY(ディスキー:Display Keyboard)は、そのAGC用のユーザーインターフェース装置で、アポロの宇宙飛行士は、コンソールの中央にマウントされたDSKYを使い、AGCを操作していた。

photo

Open DSKYは、コントローラーにArduino nanoを使うレプリカで、DSKYのBlock Ⅱバージョンを忠実に再現している。特に数値表示部の、現在では入手困難な「+」「-」を表示できる3セグメントLEDは、カスタム品を開発して提供する。

photo

本物と同様に、Verb(動作を指定)とNoun(値を指定)と呼ばれる2つの数字の組み合わせで機能の実行が可能だ。内蔵したRTCによる時間表示、IMU(Inertial Measurement Unit)からのX/Y/Z各軸方向のヨー/ピッチ/ロール、GPSからの高精度時間/経度/緯度/高度情報の表示、microSDカードからのmp3再生などが行える。

photo

Kickstarterでは、組立済みのOpen DSKYが500ドル(約5万3800円)など様々なプランを用意する。出荷は2018年6月から8月の予定で、世界各国への発送に対応し、送料は別途必要だ。

Open DSKYは2018年3月4日までクラウドファンディングを実施するが、2018年2月14日時点で目標の2万ドル(約215万円)を大きく上回る約7万2000ドル(約775万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  2. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. FFF方式3Dプリンターで透明パーツを造形する方法
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. Raspberry Pi 3B+より高性能で低価格——Intel Atom x5搭載のワンボードマイコン「ATOMIC Pi」
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る