新しいものづくりがわかるメディア

RSS


白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発

白銅、東京理科大学およびキヤノンマーケティングジャパンは共同で、金属3Dプリンターの造形材料として、JIS規格のアルミダイキャスト材料「ADC12」の造形レシピの開発に成功したと発表した。

キヤノンMJによると、従来の金属3Dプリンターの造形材料の多くは欧米向け材料で、国内製造業には馴染みのないものも多く、金属3Dプリンター活用検討時の阻害要因となっていたという。

そこで3社は、2017年3月から東京理科大学トライボロジーセンターにおいて、3D Systemsの金属3Dプリンター「ProX DMP 200」を活用し、国内製造業で多く用いられているJIS規格に準じたアルミ合金の共同開発を進めてきた。その中でも最も需要の多いADC12の造形パラメーターの開発に着手し、今回開発に成功したとしている。ADC12造形物は、強さやしなやかさの面でバルク材より優れた機械特性を持っており、新たな用途向けの部品開発や製品への活用が期待できるという。

今回の共同開発では、白銅がマーケットニーズ調査を、キャノンマーケティングジャパンは必要な機材やエンジニアの派遣などを行った。なお、白銅はADC12による造形サービスを、2018年4月より開始するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  3. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  8. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る