新しいものづくりがわかるメディア

RSS


モジュラー式でカスタマイズできる——スチール製喧嘩ゴマ「Silver Shell」

ステンレス製の喧嘩ゴマ「Silver Shell」がKickstarterに登場した。3タイプの基本形状があり、各パーツを組み合わせることでベイブレードのようにカスタマイズできる。

Silver Shellはレーザーカットしたステンレスプレートをガンメタル仕上げとし、ステンレスボルトで締結したファイティングトップ(喧嘩ゴマ)だ。基本セットとしてdragon(攻撃力)、Raptor(持久力)、Crypto(防御力)の3種類を用意する。

photo

各ユニットはモジュラーデザインで、部品を組み合わせて自由にカスタマイズできる。ステンレスボルトは汎用品なので入手も容易だ。コマを高速で廻すためにはPower Unitにコマをセットし、ストリングを最後まで引くとコマがリリースされる仕組みだ。

photo

Silver Shellは定価55豪ドル(約4650円)での提供を予定している。Power Unitとコマのセットは110豪ドル(約9310円)から提供する。製品の出荷予定は2018年4月以降となっている。日本への送料は別途16豪ドル(約1350円)が必要だ。

photo
photo
photo
photo
photo
photo

Silver ShellはKickstarterで、2018年2月28日までクラウドファンディングを実施中。目標額の2300豪ドル(約19万5000円)に対し2月14日時点で、1700豪ドル(約14万4000円)以上を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る