新しいものづくりがわかるメディア

RSS


読める喜びを目のみえない人に——文字を読み上げるスマートグラス「OTON GLASS」

文字を読み上げることで視覚障がい者などの生活をサポートするスマートグラス「OTON GLASS」が、CAMPFIREが運営するソーシャルグッド専用クラウドファンディングサイドGoodMorningで支援を募っている。

photo

OTON GLASSは、眼鏡に搭載した小型カメラで文字を撮影し、クラウド上で文字認識したものを音声で読み上げて装着者に伝えるスマートグラスだ。OTON GLASSをかけて文字を見て、フレームにあるボタンを押すだけの簡単な操作で文字を読み上げることができる。

開発のきっかけは、開発者の父親が脳の言語野の障害で生じた失読症によって「会話はできるが文字が読めない」状態となったことだったという。その父親のサポートができるデバイスを作ろうと2012年に開発に着手、今はOTON GLASSによって「誰もが文字を読める世界」の実現を目指すとしている。

photo

最も必要としている視覚障がい者のための福祉機器として認められ、広く普及させるために、まず今回のクラウドファンディングで協力者の視覚障がい者にOTON GLASSを届け、実生活の中でその実用性の立証を目指す。

photo

支援内容は、1口5000円×50人の支援で1人にOTON GLASSを届けるコースから、1口1000万円で50人に届けるコースまで用意されている。支援者へはオリジナルステッカーや活動報告書、コミュニティイベントへの招待などのリターンを提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る