新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集

誠文堂新光社は、2018年2月10日発売の小中学生向けの科学月刊誌「子供の科学」3月号で、3Dプリンターを特集している。

photo

同号では、3Dプリントの技術だけではなく、小中学生が3Dプリンターを使って作りたいものを形にするまでを紹介する。連載漫画の主人公のフィギュアを作成したり、電子工作と組み合わせて光るオブジェなどを作ったり、読者の子供たちを飽きさせないような記事展開となっている。

photo

3Dデータ作成は、Autodeskの無料3Dモデリングソフト「Tinkercad」を利用する手順を付録の「3Dデータ作成ガイド」で説明している。誌面で使用している3DプリンターはFFF方式のAFINIA「H400」。造形サイズ120×120×120mm、積層ピッチは150~350μmの選択式。フィラメントは、1.75㎜ ABS、PLA、ポリカーボネートに対応する。また、HEPAエアーフィルターシステムを採用し、造形エリア内部のゴミを取り除き、清浄な空気を保つことができるというモデルだ。

photo

本誌サイズはB5判で定価は648円(税別)。3DプリンターAFINIA「H400」は、公式通販サイト「コカねっと!」で10万5840円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  3. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  4. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  5. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  6. Raspberry Piで環境センサーを使おう——ビット・トレード・ワン、センサー拡張基板「ラズパイセンサーボード」をリニューアル
  7. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート
  8. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  9. 低温対応のフィラメントで造形できる——イルカをモチーフにした3Dペン「myFirst 3dPen Dolphin」
  10. 角度切りや円形カットができる——万能カッターツール「Perfect Cut」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る