新しいものづくりがわかるメディア

RSS


BIGLOBEモバイル、法人対象IoT/M2M向け通信サービスを強化

BIGLOBEモバイルは、法人を対象としたIoT/M2M向け通信サービスを強化するため、新プランの提供開始を発表した。さらに、法人向けモバイルサービス専用のオプションサービスとしてモバイル固定IPオプション提供も開始する。

申込受付を開始したのは、BIGLOBEオフィスサービスの「100MB」「500MB」プランとアップロードに特化した「上り高速200GB」「上り高速300GB」プランだ。

BIGLOBEモバイル

100MBプランと500MBプランは、電力量、水量、温湿度、加速度など通信容量の少ない環境データを扱うIoTデバイス向けで、月額400円(税別)から利用できる。

上り高速200GBブランと上り高速300GBプランは、これまでの上り高速10GBから上り高速100GBまでの4つの月間容量プランに加わるもので、下りの回線速度は制限されるが高速にアップロードできるプラン。防犯カメラやドライブレコーダーのニーズへの対応を目的としている。料金は上り高速200GBプランが月額1万1000円(税別)、上り高速300GBプランが月額1万5500円(税別)だ。

新プランの提供開始は2018年3月26日から。いずれのプランも、1つの管理者IDに対して月額基本料が500円(税別)、SIMカード1枚につき申込手数料3000円(税別)とSIMカード準備料394円(税別)が別途必要だ。

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイル

また、IoTデバイスの遠隔監視などに利用できる「モバイル固定IPオプション」の提供も同時に発表し、申込受付を開始した。法人向けBIGLOBEモバイルサービス専用のオプションサービスで、2018年3月19日から提供開始する。IPアドレス1つにつき月額500円(税別)で利用できる。

BIGLOBEは、このサービス強化により今後も拡大が見込まれるIoT回線のさまざまなニーズに対応するとし、3年間で20万回線の提供を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る