新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」

シブタニは、ロームが提供する無線通信デバイス「EnOcean」を搭載した、トイレの施錠/解錠情報を発信するスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」を開発した。

SWITCHSTRIKE AIRはトイレの施錠金物として、受け部に無線通信デバイスであるEnOceanを組み込み、個室トイレの施錠/解錠情報を電池と配線不要で無線送信する。スライドラッチのメカ部に発信機能があり、施錠/解錠時に情報を飛ばせるため、さまざまな個室トイレに対応可能だ。

また、既存のソーラーパネル仕様製品と違い、施錠/解錠時の動きで発電できるため、発電量不足にならない。ドライバー1本で設置でき、電池や配線工事も不要。トイレ入り口や専用アプリで満空表示することで、利用者の時間短縮(利用効率の向上)や長時間利用の検知、ビッグデータ化による利用状況の解析や清掃の効率化が可能だ。

同製品により、商業施設や観光施設、イベント会場、大規模なスポーツイベントなどで、トイレの利用効率や利便性を向上し、施設管理の適正化を図れるとしている。

同社は、SWITCHSTRIKE AIRの活用イメージを独立型とネットワーク型に大別している。 独立型では、高速道路などでよく見られる満空表示などの看板に情報を出力し、シンプルに利便性アップを図る。

一方ネットワーク型の場合、パソコンやアプリ上での満空表示やトイレの施錠時間、利用状況の確認やビッグデータ化をメリットとして挙げている。

また、2018年2月6日より京都市の協力のもと、元離宮二条城(京都市中京区)の大休憩所トイレで試験運用を開始。管理システムをウイングアーク1stが担当し、多くの観光客が立ち寄るトイレの使用状況をデータ管理/分析し、二次利用に役立てる。

元離宮二条城で試験運用を開始するのはネットワーク型で、遠隔で施錠/解錠状態を確認。混雑時を避けた清掃計画や備品補充、長時間利用による安否確認や犯罪防止に応用する予定だ。

サイズは100×32×24.5mm。利用可能な通信距離は30m以下で、ARIB STD-T108(928.35MHz)に準拠している。既にサンプル出荷を開始しており、2018年3月末より希望小売価格1万5000円(税抜)で発売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る