新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プログラミング教室の開校をサポート——アフレル、「ロボットプログラミング教室 新規開校パック」提供開始

アフレルは、2018年4月からプログラミングの課題集、講師トレーニング、サポートセンターの3種を含んだ教室開校に必要なツールを組み合わせた「ロボットプログラミング教室 新規開校パック」を、先着申込100教室限定で提供開始する。

photo

ロボットプログラミング教室 新規開校パックは、新規事業としてプログラミング塾の開設を検討している事業者の声から生まれたサポートパックで、教室開校に必要なツールを組み合わせた3つのパッケージ「ライトパック」「レギュラーパック」「スペシャルパック」が用意されている。

photo

新規開校パックには、教育版レゴ マインドストーム EV3基本セットV2(EV3ソフトウェア付き)5セット、DCアダプター5個、EV3プログラミング課題集、コースセット1セットが含まれる。レギュラーパックとスペシャルパックには、講師トレーニング講座とサポートセンターを用意し、スペシャルパックは、開校イベントなど支援と宣伝用画像データ利用も提供する。

EV3プログラミング課題集は、EV3ソフトウェアを、52段階別にマスターできる課題集だ。成果が段階別に見てわかるため、より達成感を持って継続的に学ぶことができるという。内容は、課題一覧表、指導者用チェックシート、受講者用チェックシート、指導者用課題、受講者用課題、サンプルプログラム、ロボットの動き(デモ動画)などだ。

生徒に指導するときの細かなポイントを伝える講師トレーニング講座には、教育版レゴ マインドストーム EV3 講師トレーニングの基礎編と発展編、レゴ WeDo2.0講師トレーニングの3講座が用意されている。

サポートセンターは、アフレルと一定の取引があるロボットプログラミング教室限定で利用できるサービスだ。技術サポート、各種情報提供、パーツ保証、指導者育成支援、コンテストやイベント優待の5つのサポートが特別費用で利用できる。 価格は、問い合わせを受けて、案内するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る