新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人工知能を自宅で学習——CQ出版、「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」発刊へ

CQ出版は、人工知能アルゴリズムの中でも注目度の高いディープラーニングをRaspberry PiとPCを使って自宅で体験できる「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」を2018年2月26日に発刊予定だ。

本書は、ディープラーニングを「手持ちのパソコン+筆者提供プログラム」で体験できる入門書。プログラムを書けない初心者でも、開発環境の用意からRaspberry Piの準備、代表的な人工知能アルゴリズムの体験など、手順を追って学習を進められる。

第1部でディープラーニングの概要を説明した後、第2部でRaspberry PiとPCを試すための準備を行う。開発環境として、Chainerをインストールする。第3部では、Raspberry Piを使って画像認識や話者認識などのプログラムを体験する。第4部では、算数から簡単なニューラルネットワークまでのプログラミングを一歩ずつ学習していく。

第5部では、画像向きアルゴリズムのCNN、データ分析向きアルゴリズムのRNN、音声や画像生成向きアルゴリズムのAEを、手描き認識や未来予測などを通じて体験する。さらに第6部では、自動運転や対戦AIにも使われるディープラーニングのアルゴリズム「ディープQネットワーク(DQN)」を順を追って学習する。

牧野浩二氏、西崎博光氏の共著で、B5判208ページ。価格は2808円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る