新しいものづくりがわかるメディア

RSS


潰れたネジでもしっかり回せる——ドライバービット「KnifeEdge Bits」

ネジ頭の溝が潰れてしまっていてもぴったりとフィットしてネジを回すことが出来るドライバービット「KnifeEdge Bits」がKickstarterに登場した。

photo

一般的にネジ頭の形状でプラスネジ、マイナスネジといった呼び方をするが、特にプラスネジはフィリップスネジという規格化されたネジを指すことが多い。今では広く普及しているフィリップスネジだが、元々は1930年代にゼネラルモーターズが自動車製造に採用したのが始まりだという。その後他の自動車メーカーも採用したことでスタンダードとして広く定着したのだが、基本的なネジのデザインは当時から変わっていない。

当時は固いネジを大型の機械で自動車のボディに打ち込むという用途のため、フィリップスネジはネジが締まると自動的にドライバーが外れるような形状にデザインされていることはあまり知られていない。開発元によると、柔らかいネジを使うとドライバーが滑ってネジ頭を潰してしまう原因は、ネジ頭からドライバーが飛び出すというフィリップスネジのデザインにあるとしている。

photo 電動ツール用2インチビット

KnifeEdge Bitsは、フィリップスネジに対してビットが飛び出さないようフィットするデザインだ。そのため滑らないようにとドライバーを強く押しながら回す必要もなく、簡単に回すことができる。また潰れてしまって通常のフィリップスドライバーでは回せないようなネジでも、しっかりと回すことができるという。

photo ハンドツール用1.35インチインサートビット

KnifeEdge Bitsは早期キャンペーンでは42ドル(約4500円)。フィリップスビット#1/#2/#3の3サイズ1セットで、シャフトはハンドツール用1.35インチと電動ツール用2インチを用意する。製品の出荷予定は2018年6月以降となっている。日本への送料は別途17ドル(約1820円)が必要だ。

KnifeEdge BitsはKickstarterで、2018年4月28日までクラウドファンディングを実施中。目標額の1000ドル(約10万7000円)に対し2月28日時点で、すでに目標額を達成し、約2200ドル(約23万5000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る