新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイがタブレットに変身——10.1インチタッチスクリーン搭載「RasPad」

Raspberry Piをタブレット型デバイスに変える「RasPad」がKickstarterに登場し、わずか1時間で目標額の3倍を集めるほど大人気となっている。

RasPad

RasPadは、大きさ259.6×169.98×48.68mmのボディに10.1インチ高解像度タッチスクリーン(1280×800ピクセル)、電源回路、内蔵バッテリー、ステレオスピーカーを搭載。HDMIポート×1、オーディオ端子×1、USB2.0ポート×4、USBタッチポート×1、イーサネットポート×1を備え、GPIOやCSIなどRaspberry Piの全てのポートが使えるように作られている。

RasPad

RasPadを使えばあれこれ部品を集めて組み立てる手間を省くことができ、ゲームやロボットコントローラーなどRaspberry Piを使った電子工作やプログラミングをすぐに始められる。

RasPad

RasPadの早期割引価格は、本体に電源アダプターとハンドブックが付属して129ドル(約1万4000円)。ただし、Raspberry Piは付属しない。RasPadにRaspberry Pi 3、microSDカード、Bluetoothキーボード(タッチパッド付き)、ミニUSBマイクを加えた「RasPad Kit」は189ドル(約2万円)、RasPad Kitにセンサー類を加えた「RasPad Beginner Kit」は249ドル(約2万7000円)だ。出荷は2018年5月の予定で、日本への送料は無料だ。

RasPad

RasPadは2018年4月4日までクラウドファンディングを実施するが、2018年3月2日時点で目標額1万ドル(約100万円)の12倍を上回る約12万5000ドル(約1300万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. Raspberry Piやmicro:bitを学ぶもくもく会から、東日本大震災被災地で開催するロボットワークショップまで(9月14日~)
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. メタルDIY(神奈川県横浜市)
  10. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る