新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マイコンボードで学ぶC言語——CQ出版、「絵解き マイコンCプログラミング教科書」発刊

CQ出版は、C言語入門書「絵解き マイコンCプログラミング教科書」が、2018年3月19日に発刊する。

絵解き マイコンCプログラミング教科書は、マイコンボード「C-First」が同梱されている。C-Firstは、ルネサスエレクトロニクスの16bitマイコンRL78/G14をメインに、加速度センサーや照度センサー、温度センサーも搭載するマイコンボード。書籍で紹介するプログラムを実際に書き込んで動作チェックしながら、プログラミング学習の成果を確認することができる。

マイコンを使ったセンサーなどの入出力制御を正しく理解するためには、マイコン固有のハードウェアを理解し、ハードウェアに近いローレベルな制御が書けるC言語のプログラミングスキルから身につけることも大切だ。

別途、著者が本書をテキストとして使用するセミナー(有料)の開催も予定している。

鹿取祐二氏、白阪一郎氏、永原柊氏、藤澤幸穂氏、宮崎仁氏の5名による共著で、B5判352ページ、マイコン&センサー基板(C-First)1枚、USBケーブル1本、DVD-ROM1枚が同梱され、定価が8640円(税込)だ。基板を同梱しない書籍のみも定価2700円(税込)で同日発刊する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  4. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  5. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る