新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マイコンボードで学ぶC言語——CQ出版、「絵解き マイコンCプログラミング教科書」発刊

CQ出版は、C言語入門書「絵解き マイコンCプログラミング教科書」が、2018年3月19日に発刊する。

絵解き マイコンCプログラミング教科書は、マイコンボード「C-First」が同梱されている。C-Firstは、ルネサスエレクトロニクスの16bitマイコンRL78/G14をメインに、加速度センサーや照度センサー、温度センサーも搭載するマイコンボード。書籍で紹介するプログラムを実際に書き込んで動作チェックしながら、プログラミング学習の成果を確認することができる。

マイコンを使ったセンサーなどの入出力制御を正しく理解するためには、マイコン固有のハードウェアを理解し、ハードウェアに近いローレベルな制御が書けるC言語のプログラミングスキルから身につけることも大切だ。

別途、著者が本書をテキストとして使用するセミナー(有料)の開催も予定している。

鹿取祐二氏、白阪一郎氏、永原柊氏、藤澤幸穂氏、宮崎仁氏の5名による共著で、B5判352ページ、マイコン&センサー基板(C-First)1枚、USBケーブル1本、DVD-ROM1枚が同梱され、定価が8640円(税込)だ。基板を同梱しない書籍のみも定価2700円(税込)で同日発刊する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る